ワラジムシ目(等脚目)まとめ 草鞋虫図鑑

  • ブックマーク

ワラジムシ目(等脚目)とは?

等脚目(とうきゃくもく)とも呼ばれる分類の昆虫で、昆虫類ではありませんが甲殻類の仲間になります。
この仲間には、ワラジムシ、フナムシ、ダンゴムシなどが含まれています。
ダンゴムシは小さな子供も大好きな生き物ですが、実は昆虫類とは違うんですね。
陸上で見られるものから海中などの水中で見られるものもおり、水族館で有名になったダイオウグソクムシなどもこの仲間です。

ワラジムシの名前

楕円形で扁平な姿が、昔の日本で履かれていた「草鞋(わらじ)」の形に似ているところから名付けられました。

ワラジムシとダンゴムシの違い

ワラジムシとダンゴムシの違いを効かれることがありますが、その違いは丸くなれるかなれないかくらいで良いかと思います。

細かく考えれば、どちらも「ワラジムシ目」の「ワラジムシ亜目」に含まれる生き物です。
生態的にも似ていて、自然の中では分解者として私達の周りの自然環境を循環させる働きを持っているとされています。

ワラジムシ目の写真ギャラリー
Isopoda

※クリックすると大きな写真で開きます。

ワラジムシ科(草鞋虫科)Porcellionidae

クマワラジムシの写真
クマワラジムシ
Porcellio laevis

ハヤシワラジムシ科(林草鞋虫科)Trachelipidae

ハヤシワラジムシの一種の写真
ハヤシワラジムシの一種

ダンゴムシ特集へ

ダンゴムシはこちらのページで詳しく解説しています!

ダンゴムシの仲間
ダンゴムシ特集

ワラジムシの種類

上では紹介していませんが「ワラジムシ目」の仲間にはミズムシ亜目やウオノエ亜目などかなりたくさん含まれています。
ここではその中でも一般的なワラジムシやダンゴムシが含まれている「ワラジムシ亜目」の生き物を紹介しています。

ワラジムシ亜目の中には

  • フナムシ科 Ligiidae
  • ナガワラジムシ科 Trichoniscidae
  • ヒゲナガワラジムシ科 Olibrinidae
  • ウミベワラジムシ科 Scypacidae
  • ヒメワラジムシ科 Philosciidae
  • ホンワラジムシ科 Oniscidae
  • ハヤシワラジムシ科 Trachelipidae
  • ワラジムシ科 Porcellionidae
  • コシビロダンゴムシ科 Armadillidae
  • オカダンゴムシ科 Armadillidiidae
  • ハマダンゴムシ科 Tylidae

このように分類されており、ダンゴムシの仲間と言われるのは下の3つに含まれる仲間たちです。

ダンゴムシは陸に住んでいて丸くなれることが特徴ですが、このワラジムシの仲間の多くは実は水中に住んでいます。
海中から淡水まで幅広く色んな種類が見つかります。

世界最大のワラジムシの仲間

世界最大のワラジムシの仲間も海中に住んでいます。
水族館の展示で一躍有名になった「ダイオウグソクムシ」と呼ばれる種類の生き物です。

その人気から、ダンゴムシガチャシリーズに登場したり、ダイオウグソクムシのスマホケースなどのグッズが発売されるなどしています。

昆虫写真図鑑(トップページへ)

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー