ミノガ科まとめ 蓑蛾図鑑

  • ブックマーク

ミノガ科とは?

チョウ目に含まれるグループで、ガの仲間になります。幼虫は蓑虫(みのむし)と呼ばれて親しまれています。蓑(みの)とは昔に作られていた雨具のことで、その様子に似ているところから呼ばれるようになり、科の名前の由来にもなっています。

有名な種類では「オオミノガ」や「チャミノガ」などがいますが、これらの種では成虫になるとオスには羽がありますがメスにはありません。メスは羽がなくて飛べないので、ミノからでることはせずにオスがやってくるのを待っています。

ミノガ科の写真ギャラリー
Psychidae

※クリックすると各ページに飛べます。写真と詳しい説明があります。

ガ類まとめ 蛾の図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)