カマキリ目(蟷螂目)まとめ カマキリの図鑑

  • ブックマーク

カマキリ目(蟷螂目)とは?

カマキリ目は日本で10種類ほどが生息しています。鎌のようになった前脚(まえあし/ぜんきゃく)で他の昆虫などを捕えて食べる肉食性です。泡の塊の中に卵を産み、それが固まったものは卵鞘(らんしょう)と呼ばれます。

カマキリ目の写真ギャラリー
Mantodea

カマキリ科(蟷螂科)Mantidae

「Jewel Insect Life」昆虫写真図鑑(トップページへ)

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー