クワガタムシ科まとめ 鍬形虫図鑑

  • ブックマーク
クワガタムシ特集バナーの画像

コウチュウ目(鞘翅目)まとめ 甲虫図鑑

クワガタムシ科とは?

コウチュウ目に含まれるグループで、日本では40種類ほどが知られています。オスは目立った大アゴを持っていることで、子供から大人まで人気の高い昆虫です。アゴをのぞけばコガネムシと似た雰囲気もありますが、触角の第一節が長いことや、触角の先が広がっていることなどは大きく異なる点です。

クワガタムシの名前(和名・漢字・英語)

クワガタムシの名前はどのように名付けられたのでしょう。
昔作られていた兜(かぶと)がその由来になっています。兜につけられていた「鍬形(くわがた)」と呼ばれる装飾品が、クワガタのアゴのようだったので名付けられました。

クワガタムシを英語で「Stag beetle(スタッグビートル)」

クワガタムシを英語で「Stag beetle」と言って「スタッグビートル」と発音します。
Stagとはオスのシカのことで、シカが持つツノから連想されて呼ばれています。

カブトムシとクワガタムシの違い

一番の大きな違いは特徴的でかっこ良いアゴです。二本の「アゴ」です!

クワガタムシはアゴが大きく発達した昆虫の種類で「クワガタムシ科」ですが、カブトムシはツノが生えた種類で「コガネムシ科」の昆虫なのです。
実はクワガタムシの特徴の1つに触角の形があげられます。触角の第一節(根元の部分)が長くて第二節からカクっと曲がったような触角をしているのはクワガタムシの仲間の特徴です。

クワガタムシ科の種類 写真ギャラリー
Lucanidae

※クリックすると各ページに飛べます。写真と詳しい説明があります。

ヒラタクワガタ

クワガタムシの種類

スジクワガタの写真
スジクワガタ

日本のクワガタムシは40種類ほどが知られています。
大きなアゴが特徴のクワガタムシですが、実はマダラクワガタやマグソクワガタといったアゴが発達していない種類も含まれています。それらの種はクワガタムシの種類でも祖先に近い種類なのだと言われています。

クワガタムシの亜種

クワガタムシの特徴はアゴですが、同じ種類でもアゴの形や他の特徴の異なるものが見られることがあります。そういったものを「亜種」として分けることがあるのですがクワガタムシは愛好家も多く研究調査が進み、細かく亜種が分けられていたりもします。
例えば本州から九州の間で見られる一般的なヒラタクワガタには、対馬で見られる「ツシマヒラタクワガタ」、奄美群島で見られる「アマミヒラタクワガタ」、八重山諸島に生息する「サキシマヒラタクワガタ」など多くの亜種が存在しています。

赤いクワガタムシ

毎年夏前に話題に出てくるのが「赤いクワガタ発見!」というものです。
赤みのあるクワガタムシは存在します。しかし、それは赤みが強いだけで褐色に近いものです。

赤いクワガタが見つかったと言われたときのそれは「ヒラズゲンセイ」という昆虫です。
真っ赤な体に大きなアゴを持っており、一見するとクワガタムシに見えるのかもしれませんが、ツチハンミョウという甲虫の仲間になります。
この昆虫は体液に毒を持っていて、触るとかぶれたりもするので話題に登りやすいのです。

日本で見られるクワガタムシのレア度

ノコギリクワガタのオスの写真
一般的にも人気なノコギリクワガタのオス

クワガタムシで珍しいものと言えば「オオクワガタ」が思い浮かぶのではないでしょうか?
昔は黒いダイヤともいわれ高額で取引もされていましたが、現在では繁殖方法も確立されていますし、生息地も北海道から九州まで生息していて見られる範囲も広いのでレア度が高いとは言えません。
地域のイベントなどで、子どもたちに配ったりもしているくらいです。
(かと言って、野生で捕まえるのは難しいですよ。)

レア度が高いかどうかで言えば、やはり地域限定の種類などは日本の中ではレア度が高くなると思います。
更には個体数が減少し、絶滅危惧種として指定されているものはもっとレア度が高いですね。
その二点で考えてみると何種類か出てきます。

ヨナグニマルバネクワガタ 絶滅危惧ⅠA類(CR) 与那国島限定

与那国島にしか生息しておらず、クワガタムシの仲間では一番絶滅の危険度が高い「絶滅危惧ⅠA類(CR) (レッドデータブック2014)」に指定されています。
さらに、絶滅危惧種に指定されているだけではなく、2011年には「種の保存法」に基づいて「国内希少野生動植物種」に指定されることで、原則的に採集や譲渡は禁止されました。

オキナワマルバネクワガタ 絶滅危惧Ⅱ類(VU) 沖縄本島・久米島限定

沖縄本島と久米島にだけ生息しており、絶滅危惧Ⅱ類(VU) (レッドデータブック2014)に指定されています。
オキナワマルバネクワガタも、ヨナグニマルバネクワガタと同じように2016年に「国内希少野生動植物種」に指定され、原則的に採集や譲渡は禁止されました。

アマミマルバネクワガタ 絶滅危惧Ⅱ類(VU) 奄美大島限定

奄美大島にだけ生息していて、絶滅危惧Ⅱ類(VU) (レッドデータブック2014)に指定されています。

マルバネクワガタの仲間が多いですね。
他にも「ウケジママルバネクワガタ」も、九州の請島(うけじま)にしか生息せず、九州の条例でも採集が禁止され、さらには2016年には国内希少野生動植物種にも指定されています。

ダイトウヒラタクワガタ 絶滅危惧Ⅱ類(VU) 大東諸島限定

大東諸島にだけ生息していて、絶滅危惧Ⅱ類(VU) (レッドデータブック2014)に指定されています。

紹介した種類はとてもレア度の高いものばかりですが、他にもレッドデータブックに記載のあるクワガタムシの種類もいますし、生息地が限定的で身近じゃない種類は普段見かける機会がないのでレア度が高いとも言えます。
なんにしても、レア度が高いというのは数が少ないということなので、なんとか守っていきたいものです。

クワガタムシの寿命

オオクワガタの写真
オオクワガタは長生きするクワガタムシです。

カブトムシと比較しても長生きするものが多いです。

  • オオクワガタ(飼育下で5~6年)
  • コクワガタ(飼育下で2~3年)
  • ヒラタクワガタ(飼育下で1~3年)

などが知られており、海外のクワガタムシでも長生きするものも多いです。丁寧に飼育すれば、長く観察が楽しめることも飼育ブームの後押しになったと思います。

かと言って、長生きしない種類のものもいて、そういったものは野外に出てくるとワンシーズンで寿命を迎えます。
ノコギリクワガタミヤマクワガタなどがそうです。

コウチュウの仲間を見る

コウチュウ目(鞘翅目)まとめ 甲虫図鑑

コウチュウの仲間バナー
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー