クロカタゾウムシ

  • ブックマーク
クロカタゾウムシ

瓢箪(ひょうたん)のような、なめらかなデザインの昆虫との出会い

何で知ったのだったか、世界で一番硬い昆虫がいると聞いた。それがクロカタゾウムシで、クルマに踏まれても潰れないとの話だった。本当に潰れないのかをいつか試したいと思っていた。
そんなクロカタゾウムシを始めて見たのは奈良県にある橿原市昆虫館で展示されていた時のことだ。
当時は奈良県の芸術短大に通う学生で、昆虫館へもたまに通っていた。
小さなケースに入った、ツルンとした印象の流線型デザインが特徴的な黒い塊。
瓢箪(ひょうたん)のようにも見えるし、黒いおかげでダンベルのようだとも言われたりする。
硬いと聞いているので触ってみたい気持ちがあったが、ケースの中に入っているので触ることができない。いつか触ってみたいと思っていたら、10年以上経って石垣島へ行く機会ができた。見つけるのに少し苦労はしたが、初めて自然の環境の中で見つけたクロカタゾウムシだ。しかし、どのくらい硬いのかなんて実際わからないし、うっかり潰れたらかわいそうなので指に乗せるだけで満足することにしたのを覚えている。

クロカタゾウムシってどんな虫?

硬く進化しすぎて羽も開かない

ゾウムシは全体的に体の硬い昆虫として知られていますが、このクロカタゾウムシも硬い昆虫として有名です!
硬さという防御に全力を注いだ結果、自分でも硬くなりすぎて羽も開かないようです。

細菌との不思議な共存

その黒く硬い外骨格を形成するのに、実は「ナルドネラ」という共生細菌の影響が確認されているそうです。難しい話ですが、この共生細菌が「チロシン」というアミノ酸を生成し、そのチロシンがクロカタゾウムシの体を黒く硬くするのに使われているのです。実験でこの共生細菌の数を減らして飼育したところ、赤っぽい羽で柔らかいクロカタゾウムシが生まれたそうです。
昆虫と共生細菌の不思議な関係ですね!

詳しくはこちらで

クロカタゾウムシは何を食べるの?

カンコノキやリュウキュウエノキなどの葉を食べると言われていますが、飼育下では人参やカボチャやサツマイモなど色々食べます。幼虫は木の根などに潜り込んで中を食べていくので根菜系との相性もよいのかもしれません。

生息地はどこ?

八重山諸島に生息し、石垣島や西表島で見ることができます!
カンコノキの仲間を探すと見つけることができるかもしれません。

クロカタゾウムシの寿命

クロカタゾウムシは成虫になってから一年以上生きます。暖かい地域の昆虫だからかもしれませんが、ゾウムシの仲間は長寿のものも多いですね!ですから一年中見られる昆虫です。

クロカタゾウムシはゾウムシ科の昆虫で、甲虫目の仲間になります。良かったら他の甲虫達も見てやって下さい!

甲虫の仲間

概要

写真ギャラリー

顔はちょっと馬っぽいですね(石垣島)

散歩中(石垣島)

行き場を失ってしまったクロカタゾウムシ(石垣島)

葉裏でお休み中(石垣島)

黒い艶がなんともたまらないですね(石垣島)

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。