タマムシ(ヤマトタマムシ)

  • ブックマーク
ヤマトタマムシの写真

概要

写真ギャラリー

可愛い口をしている(滋賀)

美しい光沢(滋賀)

見る角度で色彩が変わる(滋賀)

少し雨に濡れた(滋賀)

さぁ、飛ぶぞ!(滋賀)

飛ぶときの羽(滋賀)

緑、黄色から青色に変わる色彩(滋賀)

葉っぱの上で休む(滋賀)

日陰では輝きも鈍い(大阪)

光が当たると、より輝く(大阪)

タマムシってどんな虫?

縁起の良い虫

タマムシはその美しさから縁起の良い昆虫として昔から好かれてきました。タマムシは幸せを運んでくるとか、箪笥(たんす)に入れておくと着物が増える(幸せの象徴)などの話が昔から言われてきた縁起の良い昆虫なのです!縁起が良い意味合いから「吉丁虫」との別名もあります。

タマムシの名前の由来

タマムシは「玉虫」と書きます。「玉」とは宝石のことを表していて、タマムシの光沢のある美しさから名付けられました。

英語では「ジュエルビートル」

タマムシの仲間は英語で「Jewel beetle(ジュエルビートル)」よ呼びます。Jewelとは宝石のことなので、海外でもタマムシには宝石の美しさを感じていたのですね。

ヤマトタマムシの写真
まるで宝石のような昆虫です。

タマムシの美しい色彩はなんのため?

タマムシの艶のある美しい色彩は、そのもの自体が持っている色ではありません。その特別な構造によって光の中に含まれる色の波長の反射を変化させることで見える色なのです。それを「構造色」と呼びます。

こんなにキラキラと目立っては天敵に見つかりやすくなるのではないかとも思われますが、そこには様々な効果があるとされています。 例えば天敵となる鳥などはキラキラしているものを嫌がる傾向があることから、襲われにくくなるなども言われています。

他には、タマムシはよく晴れた天気の良い日に活動します。そんな日は木漏れ日などもキラキラして眩しいですよね。そんな中でキラキラしているタマムシは見つかりにくいとも考えられます。しかも、光の反射によってその美しい色彩がでるので、日陰にいる時は強く色を出すこともないのでそんなに目立たないとも考えられます。

一見目立つ色彩なのですが、実は目立ちにくく襲われにくい工夫がされていると考えられるのです。

ヤマトタマムシの写真
見る角度で色が変化している。
ヤマトタマムシの写真
日陰でも鈍く光って見える。

上の羽と下の羽の大きさは変わらない

飛ぶ時には羽を広げて飛び立ちます。多くの甲虫は飛びやすくするために大きな下羽を鎧のような上羽の中に収納しています。しかし、タマムシは上の羽と下の羽のサイズがそんなに変わりません。これにはメリットがあって、他の甲虫では下羽を広げる作業が必要ですが、タマムシは羽をすぐに広げて飛び立つことができます。

ヤマトタマムシの写真
羽を広げてから飛び立つまでは早い。
ヤマトタマムシの写真
下の羽は上の羽と同じくらいの大きさです。

玉虫厨子(たまむしのずし)

タマムシ(ヤマトタマムシ)はその羽の美しさから装飾品などにも利用されます。代表的なものとして、法隆寺に所蔵されている工芸品に玉虫厨子(たまむしのずし)があります。現在では使われていた殆どの羽は取れてしまっていますが、かつては美しい工芸品だったことでしょう。これは国宝に指定されています。

甲虫(こうちゅう)の仲間はこちら

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。