ゲンゴロウ(ナミゲンゴロウ)

  • ブックマーク
ゲンゴロウの写真

写真ギャラリー

ゲンゴロウ

腹部は黄色い褐色

ゲンゴロウ科まとめ 源五郎図鑑

ゲンゴロウってどんな虫?

日本の水生昆虫の中でも特に身近な種類で、かつては水田や池などでたくさん見られたようですが、今では環境の変化によって急激に数を減らしている昆虫です。

ゲンゴロウ科

コウチュウ目の仲間の中で「ゲンゴロウ科」に含まれる昆虫です。この仲間は水中で生活する「水生コウチュウ」の仲間になります。
この仲間には他にも「コガタノゲンゴロウ」や「ハイイロゲンゴロウ」などが知られています。

ゲンゴロウの特徴

やや厚みのある楕円形の形をしています。
背中は緑色っぽい褐色で、体の縁は黄色くなっています。
お腹の側も黄褐色をしているのが特徴です。

ゲンゴロウ科では最大の種となり、その大きさも魅力の一つです。

水中を泳ぐ

後ろ脚には赤色味の強い毛がたくさん生えています。
その後ろ足を使って、水中を上手に泳ぎます。

ゲンゴロウの生態

食べ物や餌(エサ)は?

ゲンゴロウの幼虫は生きた昆虫や水生生物を襲うハンターです。
獰猛に襲いかかって獲物を捕らえて食べます。

成虫になると、死んだ魚などをかじって食べるようになり、食性にも変化が現れます。

絶滅危惧種のゲンゴロウ

レッドデータブック2014では、ゲンゴロウは「絶滅危惧Ⅱ類(VU)」に指定されています。
2007年では「準絶滅危惧(NT)」だったことから、この数年の間にもかなり数を減らしているようです。

その原因としては、

  • 池沼の開発
  • 強力な農薬の大量使用
  • 水質汚染
  • 灯火
  • ゴルフ場
  • 圃場整備
  • 侵略的外来種の侵入

など、いろんな要因が重なっています。

ゲンゴロウの寿命

ゲンゴロウは長生きする昆虫で、飼育下では2~3年ほど生きるようです。(もっと長く生きるものもいる)

冬の越し方

成虫で越冬します。

ゲンゴロウの成長

細長い卵で、水中に生える茎の太い植物に産卵されます。

幼虫

幼虫は水中に生息し、細長い体をしています。
生きた昆虫や魚類を捕食する獰猛な姿から「田のムカデ」や「ミズムカデ」などとも呼ばれます。

幼虫は鋭い大アゴを持っており、獲物に噛み付くと毒と消化液を注入して獲物を仕留めます。
そして、体外消化で食べていきます。
成虫は死んだ魚類などをかじって食べるので、かなりの変化が感じられます。

人がうっかり噛まれた時にも、かなりの痛みを感じるようなので気をつけましょう。

蛹(サナギ)

蛹化(ようか)の時期が近づくと、陸に上がって土に潜ってサナギになります。

ゲンゴロウの分布や生息地

日本では北海道から九州まで広い範囲で見られ、かつてはどこでも見られるような身近な昆虫でしたが、今では生息地や生息数が激減しています。
水生植物が豊富な沼やため池などで見つかります。

ゲンゴロウの仲間をもっと見る!

ゲンゴロウ科まとめ 源五郎図鑑

ゲンゴロウ特集バナー画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)
- - - - - - - - - - -
【宣伝】
プロが使う技術を、オンラインでデザインや動画のスキルが学べる「フリカレ」を応援しています。
https://c-u.co.jp/school/
※デザインクエスト(デザインスクール)のカリキュラムの監修もしています。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー