キボシツツハムシ

  • ブックマーク
キボシツツハムシの写真

写真ギャラリー

黄色い模様が特徴的

円筒に近い形をしている

キボシツツハムシのカップル

キボシツツハムシ。黄色の紋は左右で8対(7対に見えるものも)

キボシツツハムシってどんな虫?

黄色い星の模様

体長は小さいハムシですが、黒色ベースに黄色い星がだいたい8対あるのが特徴です。個体によっては変異も大きいので7対に見えたりもするそうです。

キボシツツハムシの写真
キボシツツハムシを上から。筒のように丸っこい体をしているので、一方向からだけでは紋の数がわかりにくいですね。肩の辺り(前脚の付け根の方)にも黄色い模様があります。

似た種類のムツキボシツツハムシ

近似種にはムツキボシツツハムシがいます。そちらの紋の数は6対しかありません。

ハムシ科

昆虫の分類で甲虫(コウチュウ)目があります。ハムシ科はそのなかに含まれる甲虫の一群でキボシツツハムシはその一種になります。ハムシ科には他にアカガネサルハムシやカメノコハムシの仲間などもいます。主に葉っぱについているのが見つかる昆虫なので「葉虫」と呼ばれてきました。同じ呼び方をしても「羽虫」とはちょっと違います。

フンで包んだ卵

メスはフンで包んだ卵を地表に落とします。幼虫はそのフンの殻に入って地表で生活をする変わった習性を持っています。食べているのは、腐植質のものなどを食べて生活しているそうです。

似た習性を持つハムシに「クロボシツツハムシ」がいます。そちらのページでは、クロボシツツハムシが卵をフンで包んでいる様子も観察することができました。

クロボシツツハムシが卵をフンで包んでいる

クロボシツツハムシの産卵の写真
キボシツツハムシと似た習性を持つクロボシツツハムシの産卵の様子。お尻の辺りで器用に後ろ脚を使って卵を包んでいます。
クロボシツツハムシのページはこちら

変異も大きい

本州から南西諸島まで見ることのできるハムシですが、南西諸島の個体は特に変異が大きいようなので、たくさん見つけると面白いかもしれません。

ハムシ科まとめ 葉虫図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー