オキナワクワゾウムシ

  • ブックマーク
オキナワクワゾウムシの写真

オキナワクワゾウムシってどんな虫?

白い粉がついている

全体的に白い粉がついているのですが、生活していると取れてきます。白い粉が取れてくると黒っぽい部分が見えてきちゃいますね。

ゾウムシ科

昆虫の分類に硬い羽を持つことが特徴の甲虫(コウチュウ)目があります。オキナワクワゾウムシはその中のゾウムシ科の一種です。この仲間にはシギゾウムシの仲間やオジロアシナガゾウムシなどの昆虫が含まれていて、意外に種類の多いグループです。

沖縄ではポピュラー

沖縄では普通に見られるゾウムシの仲間です。

擬死(ぎし)

昆虫には身を護るためにいろんな行動を取るものがいますが、このゾウムシが取る行動は「死んだふり」です。触ったりすると、少し体を丸めて葉っぱの上からコロンと落ちてしばらく動きません。

ゾウムシ科まとめ 象虫図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)