毎月昆虫を楽しもう!ムシミル編集部がお届けする 昆虫知る見る「月刊ムシミル」はこちらから

アスタコイデスノコギリクワガタ

  • ブックマーク
アスタコイデスノコギリクワガタの写真

写真ギャラリー

アスタコイデスノコギリクワガタのメス

メスも明るい体をしています

オスとメス

アスタコイデスノコギリクワガタのオス

オスの大アゴ

アスタコイデスノコギリクワガタのオス

アスタコイデスノコギリクワガタってどんな虫?

ノコギリクワガタの仲間の中では中型から大型になる、明るい体色が特徴的な種類です。
生きている間は褐色から朱色にも見えるような、美しい色を楽しめますが、これは生きている間だけのものです。

その見た目から「キバナガアカクワガタ」や「オオアカノコギリクワガタ」の別名もあるようです。

性格は好戦的で、大アゴを交差させるほど強くはさもうとしていきます。

アスタコイデスノコギリクワガタの写真
オスとメス
アスタコイデスノコギリクワガタの写真
メス
アスタコイデスノコギリクワガタの写真
オス

クワガタムシ科

クワガタムシの仲間は、甲虫(コウチュウ)目のクワガタムシ科に含まれています。「アスタコイデスノコギリクワガタ」もその中に含まれる昆虫で、他にも「ニジイロクワガタ」や「ギラファノコギリクワガタ」、「ヒラタクワガタ」などが近い仲間です。

アスタコイデスノコギリクワガタの特徴

明るい体の色

オスとメスのどちらも明るい褐色から朱色にも見えるような美しい体色です。
その色には個体差もありますが、脚の関節や全体の節の部分は黒くなっています。そのため、よりコントラストが高く美しい色に見えてきます。

白バックの写真でオスとメスを見てみましょう。

オス♂

アスタコイデスノコギリクワガタの写真
A:全体に赤みが強い
アスタコイデスノコギリクワガタの写真
A:アゴがちょっと逞しい
アスタコイデスノコギリクワガタの写真
B:頭部と胸部が少し濃い
アスタコイデスノコギリクワガタの写真
B:アゴはほっそり

メス♀

アスタコイデスノコギリクワガタの写真
メス、刺激を受けると体を起こします。
アスタコイデスノコギリクワガタの写真
上から

大アゴ

アスタコイデスノコギリクワガタの写真
大アゴ

アゴの先の方にだけギザギザがあります。
大型のオスではこのように大きく発達しますが、小型のオスのアゴの雰囲気は大きく変わります。
2本のノコギリクワガタで言うところの「ピンノコ」のようなオスもいます。

参考:ノコギリクワガタ(ピンノコも載っています)

種類や亜種

アスタコイデスノコギリクワガタは世界の広い範囲に生息しており、住んでいる地域によって変化があるので、同じアスタコイデスノコギリクワガタでもいくつかの亜種に分けられています。

分布や生息地

インド~中国、台湾、マレーシア、インドネシアの広い範囲に生息している昆虫です。

輝く昆虫ワールドで展示されている昆虫をもっと見る!

ムシミルではたくさんの昆虫の面白い!を届けていきます。
綺麗な写真をたくさん使って紹介していますので、他の昆虫も是非ご覧になってください。
これからもムシミルをよろしくお願いします!

他の展示されている昆虫は下のバナーから!

「輝く昆虫ワールド」生体展示特集!

輝く昆虫ワールド特集バナー画像

世界の昆虫図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)