サキシマスベザトウムシ

  • ブックマーク

サキシマスベザトウムシってどんな虫?

金属光沢のあるザトウムシ

腹部は金属光沢のある緑色でキラキラしていてとても綺麗です。
そして白い縁があるのと、トゲもあるのが特徴的です。

触角(しょっかく)の役割も果たす長い脚

ザトウムシの仲間はなんといっても長い脚(アシ)が特徴的です。
8本ある脚の中で、前から2番目の脚は触角のように利用していて観察すると面白いですよ!
その脚を前に出して、先の方を確認するように歩いていく姿が、座頭のように見えたのが由来です。
座頭とは盲人(目の見えない人)の昔の階級のことを指して使っていた言葉です。

臭い匂いの液体を出す

足の付け根に臭腺の開口部があるらしく、そこから液体を出すことがあるらしいです。
嗅いだことはないが、身を護るために臭い匂いを出すのだと思います。

サキシマスベザトウムシ(石垣島)
足が長いのが特徴的だが、よく見ると一番前の脚より二番目の脚のほうが長い!

「Jewel Insect Life」で昆虫を楽しもう!

概要

写真ギャラリー

キラキラ光る金属光沢に、白い縁とトゲが特徴的。(石垣島)

下から見ると宇宙船のようだ。(石垣島)

脚がとても長い。前から二番目の脚を使って前を探りながら進んでいく。(石垣島)

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。