マダラノミバッタ

  • ブックマーク
マダラノミバッタの写真

写真ギャラリー

脚のマダラが特徴的(大阪)

水面に落ちた個体。気にせずジャンプする

後ろ足が大きく発達している

光沢のある黒いボディがカッコよい

マダラノミバッタ

ノミバッタ科まとめ 蚤飛蝗図鑑

マダラノミバッタってどんなバッタ?

日本最小のバッタの仲間で、光沢のあるメタリックなボディと、マダラに入った斑紋が特徴的です。
南西諸島と、本州の一部(大阪や兵庫)で採集報告がありましたが、本州でももっと広い範囲から発見報告がたくさんあがっているので、もっと分布は広いと思われます。

近所(大阪)での撮影をしていて、ずっと普通のノミバッタだと思っていたやつが、全部マダラノミバッタでした。

マダラノミバッタの写真
メタリックで特徴的な体つき。

ノミバッタ科

昆虫の分類でバッタ目があり、その中のノミバッタ科の一種にマダラノミバッタは含まれます。この仲間にはツノジロノミバッタマミジロノミバッタなどが含まれています。

マダラノミバッタの特徴

全体が黒色で光沢のある体をしています。
触角は黒色で、脚に入ったマダラ模様が目立ちます。

それと、後翅(後ろ羽)が白いですね。
分かりづらいですが、背中の真ん中に白い線が入っているようにみえるのは、短い前羽からはみ出ている後ろの羽です。

マダラノミバッタの写真
横から
マダラノミバッタの写真
上から

生態など

後ろ足が強く発達して、体長の100倍とも言われるジャンプ力を持ちます。
近づくと、パチンと跳ねて見失うことも多い昆虫ですね。

歩く時には後ろ足は使わずに、ずっと折りたたんだままです。
いつでもジャンプできる準備をしているように見えます。

前脚と中脚を使って歩くのですが、地面に潜るために前脚も発達しています。
少し幅が広くなって、土をかきやすくなっているんですね。
その見た目は、後ろ足をのぞけば、同じ地面で生活するオケラを彷彿とさせるのが面白いです。

水辺の近くに住んでいることも多いですが、水面からでもジャンプできるようです。
観察していた時にも、ジャンプで着地に失敗したのか、水の上に落ちた個体がいました。
でも、あまり気にせずそのままパチンと跳ねてどこかへ行ってしまいました。

マダラノミバッタの写真
マダラノミバッタ

巣のようなもの

地面に潜って隠れたりするのですが、砂粒などでドーム状に建築します。

食べ物や餌(エサ)

地面に生える植物や、昆虫の死骸などを食べる雑食性です。
デトリタスと呼ばれる、分解された有機物なども食べているようです。

ニンジンあげたら食べました。

分布や生息地

南西諸島の分布で、大阪や兵庫からの採集例も確認されていた昆虫です。
しかし、本州ではもっと広い範囲で発見報告が多いので、分布範囲はもっと広いと思われます。

ノミバッタの仲間をもっと見る!

ノミバッタ科まとめ 蚤飛蝗図鑑

ノミバッタ科バナー画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)