ダイトウクダマキモドキ

  • ブックマーク
ダイトウクダマキモドキの写真

写真ギャラリー

葉っぱの葉脈のような美しいディティール。(石垣島)

赤い葉っぱに乗っていたら目立ってしまう。(石垣島)

葉っぱの上でよくみかける。海岸近くでよくみかける。(石垣島)

ダイトウクダマキモドキってどんな虫?

オオバギやハマボウなどの植物をよく食べ、大きな葉っぱの上でじっとしているのをよく見かけます。見つからないようにじっとしているのでしょうが、数もたくさん見かけますし、その大きさから割と見つけやすい昆虫です。

ダイトウクダマキモドキの写真
ダイトウクダマキモドキはなかなかボリュームのある大きさの体もさることながら、その羽や模様はまるで植物を模したようなテクスチャで美しいですね!

名前の由来は「大東島(だいとうじま)」

ダイトウクダマキモドキに名前をつける時に、大東島で見つかったものを基準にしたのでこの名前がつけられたようですね。ちなみに、そんな元になるような標本のことを「タイプ標本(ホロタイプ)」と呼びます。

ツユムシ科

昆虫の分類でバッタ目があります。その中にツユムシ科は含まれており、ダイトウクダマキモドキはその仲間の一種になります。ツユムシはキリギリスに近い仲間でキリギリス科とされることもありますが、ここではツユムシ科としてわけておきます。

ヒメクダマキモドキとの違い

大変良く似ている種類にヒメクダマキモドキがいます。こちらの方が少し小柄でほっそりしています。ダイトウクダマキモドキとは生息域が重なるところがあるのですが、ヒメクダマキモドキは一般的ではなく、南西諸島では山の中の方に多いらしいので、普通に見られるものはだいだいダイトウクダマキモドキのようです。海岸線などで普通に見かけた場合は、ほぼダイトウクダマキモドキです。

クダマキとつく他のものだと「サトクダマキモドキ」や「ヤマクダマキモドキ」などがいます。

海岸線に多い「ツユムシ」の仲間

南西諸島でもっともよく見かける大型のツユムシです!ツユムシという名前からは儚ささえ感じるのに、このダイトウクダマキモドキは大きくて逞しさしか感じませんね。海岸近くの広葉樹に多く、リゾートホテルの庭木などで見かけることも多いです。

隠れる気のないダイトウクダマキモドキの幼虫

ダイトウクダマキモドキの写真
ダイトウクダマキモドキの幼虫だが、赤い葉っぱの上にいたので自転車をこいでいるときに見つけてしまった。全く隠れることができていないがそんなところも可愛いものです。

クダマキとは?

クダマキとはクツワムシの古い呼び名です。昔は「糸巻き」のことを「クダマキ」と言っていたそうです。その糸巻き機を回す音に、鳴き声が似ていることからクダマキと呼ばれるようになったそうです。

しかし、ダイトウクダマキモドキはあくまでモドキなのです!ちょっと複雑になるのですが、クダマキとはクツワムシのことを指しているので「大東島で見つかったクツワムシのようなツユムシの仲間」ということになります。

ツユムシ科まとめ 露虫図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)
- - - - - - - - - - -
【宣伝】
プロが使う技術を、オンラインでデザインや動画のスキルが学べる「フリカレ」を応援しています。
https://c-u.co.jp/school/
※デザインクエスト(デザインスクール)のカリキュラムの監修もしています。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー