6/29 大阪 セミナー「未来を生き抜くためのセルフブランディング講座」開催!

未来を生き抜くためのセルフブランディング講座 #jelfy
未来を生き抜くためのセルフブランディング講座 #jelfy
2019.06.12追記
興味を持ってくれる学生がいたので「学生向けチケット」作りました!
YATさんとも相談して3,000円(一般)→2,000円(学生)にしていますので、学生の方で申し込みしてくださる方は「学生向けチケット」で申し込んでください。
(申し込んでいるけど実は学生だったという方がいた場合は、当日対応させていただきます。)

昆虫写真家として登壇します!
一緒にイベントを主催するのはフリーランスデザイナーのYAT(ヤット)さんです!

僕は昆虫写真家として生きていくことを決めましたが、食っていくために会社で働いたりもしたり、その合間にはコンテストに取り組んだり個展を開いたりもしてきました。
でも何かうまくいかない・・・
年をとった分だけ焦りしか出てきませんでした。

しかし、一歩踏みだすと新しい出会いがあります。
一歩踏み出して、新しいことにチャレンジすると世界が広がっていくのがわかりました。

どんな一歩を踏み出したのかって話とか、なんで昆虫写真家を選んだのかってことを色々とお話しできたらと思っています。

夢だけじゃない現実的な話しです(笑)

こんな内容に興味があったり、当てはまった方におすすめ

  • 会社と交渉して週3勤務にしてみた話。
  • 本当にやりたいことにどうやったら向き合える?
  • 昆虫でもインスタフォロワー8000人とか越えられる話。
  • 会社員だけど、将来への漠然とした不安がやばい。
  • 今のスキルだけで生き抜ける?スキルをプラスするために選んだもの。
  • webサイトで毎日何百人が見に来てくれる状態はどうやったら作れる?
  • キャリアアップしたいけど会社員時代に何をしたら良いの?
  • 営業せずに仕事ってどーやったら取れるの?
  • YATさんや村松さんに会ってみたい(笑)

申込みはこちらから(ピーティックスでのお申込みになります)

なぜイベントの開催が決まったのか?

最初は軽い気持ちからでした。YATさんから一緒にイベント何かやろう!ってお誘いがあたんですね。
なんで俺?って思いながらもオッケーしたのが始まりです。
僕も、YATさんと一緒になんかやったら面白いだろうなぁとは思っていたんですが、YATさん聞いた時の答えも「面白そうだったから」ですって。

びっくりするぐらい盛り上がった初回のミーティング

最初はツイッターで連絡を取り合ってましたが、一度ちゃんと顔を合わせて打ち合わせしようということで食事に行きました。小雨で空いてたロッテリア(笑)
終わってびっくり、9時間にわたるミーティング!?
お昼ご飯を一緒に食べた人と晩御飯も一緒に食べるとは思いませんでした。

決まったユニット名「jelfy(ジェルフィ)」

イベントの話もざっくりとはしましたが、お互いがどんな事を考えているのかなどを中心に話し合ってたら盛り上がっちゃいました。そして気がついたらユニット名を考えていました。
えっ、ユニット名とかいる!?とか思ったりはしましたが、やっぱり面白かったので色々と考えてみることに。
いくつか候補が残ったのですが、最終的には「jelfy(ジェルフィ)」に決まりました。決めるに当たって競合調査やドメインが取得できるのかなどを総合的に判断していく流れは今後も参考になるなぁと思ってました。

どんなことを話すの?

僕やYATさんがやっていることで共通のテーマを探した時に「セルフブランディング」というテーマが浮かんできました。
二人共、未来の自分に向かって今もいろんな取り組みをしているのですが、そこには過去から現在にかけてやってきたことがあり、そこから未来をどうやって作っていくのかを考えています。

過去、現在、未来と続く道があり、それをつくるためにやってきたことが今の自分を形作っています。
うまく行ったことも、うまく行かなかったことも含めて人生を形作った一つの「セルフブランディング」です。
そんな話をすることで、自身の人生を作っていく上での参考になるものをなにか持って帰ってもらいたい。と思って当日の話を考えています。

以下セミナーページより抜粋


働き方改革やフリーランスの増加など、仕事をする環境は近年目まぐるしく変化しています。
現状変化がないという方もいらっしゃるかと思いますが、それはこれから先も変わらないか?といえば疑問視される方もいらっしゃるかと思います。


本講座では、僕たちが過去にやってきたこと、考えてきたこと、そして今やっていることと考えていることを共有します。
現在過去やったことが今何に結びついているのか。そこから今、これから先についてどう考えているのかをお話しいたしますので
ご自身のこれからの為に今何をするのか?を今一度考えてみましょう。

会社員でキャリアを伸ばす。
フリーランスになる。

おそらくこの分岐点は多くの人に訪れるかと思います。
その分岐点に立った時、何もしていない人と、準備をしてきた人では人生が大きく変わってきますし、それは僕たち自身がすごく実感しています。

自分を守るのも、自分を成長させるのも自分にしかありません。
今未来について何をしていけばいいか悩んでいる方はぜひご参加ください。

持ち帰られる知見がきっとあります。

セミナーページより抜粋
https://jelfy0629.peatix.com/

二人で撮影会も

急に撮影会!?
YATさんが、このセミナーのために自分のプロフィール写真を新しくしたい!って話からトントンと撮影しよっかって話になりました。

その時に撮った写真がセミナーのバナーやポスターに使われています!

その時に撮影した写真をご紹介

YAT
森に佇むYATさん。ミステリアスな雰囲気を。
村松佳優
生きてます。僕も撮ってもらいました。昆虫撮ってるときはこんなんです。

ポスターもYATさんがつくったよ!

当日のセミナー内容

タイムテーブル

  • 14:30-15:00 開場
  • 15:00-15:10 開場挨拶&会場説明
  • 15:10-15:40 セッション1 自分自身への向き合い方。昆虫写真家として生きていくことを決めた私が考えていること:村松
  • 15:40-16:10 セッション2 インハウスの会社員時代から先を見据えてやってきたブログやSNSと独立してからの仕事:YAT
  • 16:10-16:25 休憩
  • 16:25-16:45 質疑応答&トークセッション
  • 16:45-17:15 交流タイム
  • 17:15-17:30 閉会&撤収

セッション1 :村松佳優(ムラマツヨシヒロ)

タイトル「自分自身への向き合い方。昆虫写真家として生きていくことを決めた私が考えていること」
概要:昆虫の写真を撮りながら会社員としてアパレルのECサイトのカメラマンとして10年以上やってきました。30歳を過ぎたあたりから出てくる将来への不安。本当にやりたいことはなんだろう?って考える時期がありました。32歳の時にから色んなことに取り組み3年が経ちました。その中でうまくいったことや失敗したこと。これからやっていきたいことなどをお話します。

村松佳優
村松佳優プロフィール:昆虫写真家として活動しながらカメラマンや大学の講師の仕事をしており教育にも力を入れています。奈良にある芸術短大でデザインを専攻している時にカメラに出会ったので活動歴は15年ほど。学生の頃から各種コンテストに応募したり個展を開催するなどしてきましたが、現在は小さな昆虫の輝きをもっと多くの人に届けるためにWebサイトの運営に力を入れています。

Webサイト:「Jewel Insect Life」
昆虫グッズ「いきものものや」
twitter(村松佳優 人間)
twitter(昆虫)
Instagram

セッション2 :YAT(ヤット)

タイトル「インハウスの会社員時代から先を見据えてやってきたブログやSNSと独立してからの仕事」
概要:独立してからはWebサイト制作の仕事がメインですが、インハウスの会社員時代は制作会社で働いている人とのスキルギャップをどう埋めるかを考えていました。自分が会社員時代にそのギャップを埋める為にやっていたこと、独立をするにあたって営業せずに仕事を得るためにやってきたことなどをお話いたします。

YAT
YATプロフィール:インハウスのWebデザイナーとしてサイト制作からマーケティングなど幅広く行い、フリーランスのデザイナーとして独立。サイトの設計から、デザイン、コーディング、フロントエンド、バックエンド、サーバーサイドなど多岐にわたって活動しています。Webサイト向けのブログ「YATのblog」の運用と、デザインコミュニティ「デザインフロント」の主催など、業界に必要なものを自分で立ち上げて運用しながら、自分自身もインプットとアウトプットを行い常にアップデートしています。

Webサイト:https://rish-design.com/
ブログ:https://wp.yat-net.com/
twitter
Instagram
Behance
Flicker
GitHub
dribbble

開催場所は「SHINCRU(シンクル)」

大阪枚方にあるコワーキングスペースです。
枚方駅から徒歩4分程度と駅近なのも魅力です。

お申込みはこちらからお願いします(ピーティックス)

かたい感じというよりは、質問なんかも気軽に受けられるような雰囲気でやるつもりですのでよろしくおねがいします!