ヒメスズメバチ

  • ブックマーク
ヒメスズメバチの写真

写真ギャラリー

お尻の先が黒いのはヒメスズメバチの特徴(大阪)

何かをくわえて運んでいます。巣材でしょうか(大阪)

ヒメスズメバチってどんな虫?

アシナガバチを専門に狩るスズメバチの仲間です。「ヒメ」と名前のつけられるものは小型のものが多いのですが、このヒメスズメバチはオオスズメバチに続いて大きいです。しかし、女王蜂やオス蜂、働き蜂の大きさはそんなに変わりません。

巣の規模もそんなに大きくならないですし、攻撃性も低いことが知られています。

ヒメスズメバチの特徴や見分け方

お尻の先が黒くなっているので多種との識別はしやすいです。他のスズメバチはお尻の先は黄色くなっているものが多いですね!

スズメバチ科

昆虫の分類でハチ目があり、その中にスズメバチ科はあります。ヒメスズメバチはスズメバチ科の昆虫で、近い仲間にはオオスズメバチやヤマトアシナガバチなどがいます。

ヒメスズメバチの餌(エサ)や食べ物は?

幼虫は、成虫が狩ってきた他の昆虫の体液を食べて成長します。

アシナガバチを専門に狩る

実は偏食家でアシナガバチを専門に狩るスズメバチです。アシナガバチの巣を襲撃し、蛹(サナギ)などを引っこ抜いて持って帰ります。肉団子を作るのではなく、噛み砕いた獲物の体液をそ嚢(そのう)に溜めて幼虫に与えます。

稀に、他のスズメバチの巣を襲撃することもあるようです。

ヒメスズメバチの危険性は?

威嚇はしてきますが、攻撃性はそんなに高くありません。毒性もオオスズメバチなどと比べると弱いようですが、刺されたら危ないので気をつけましょう

オオスズメバチのページで毒についてや、刺された時の対処法などを少し詳しく書いています。

アシナガバチと関係してくる生態

ヒメスズメバチの繁栄や習性にはアシナガバチの存在が大きく関わってきます。日本では、アシナガバチがめちゃくちゃ増えるということがないので、それを餌にするヒメスズメバチも増えるのには限界があります。ですから、むやみに戦って数を減らしたくないので攻撃性は低くなるのでしょう。

しかし、熱帯アジアなどでアシナガバチの個体密度が高い地域ではヒメスズメバチの巣が大きくなったり攻撃性が高くなることが知られています。

ヒメスズメバチの巣はどこにある?

樹洞や地面の下などの閉鎖空間に巣を作ります。都会でも見られますが、巣がそんなに大きくなることはありません。多くても40匹程度です。

スズメバチ科まとめ ハチの図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー