コカマキリ

  • ブックマーク
コカマキリの写真

概要

写真ギャラリー

公園で出会ったコカマキリ(大阪)

特徴的なカマの内側の模様です

カマのお手入れです(滋賀)

夕暮れのコカマキリ(滋賀)

目が合いました(滋賀)

コカマキリの幼虫(滋賀)

緑色のコカマキリは少し珍しい(滋賀県)

緑色だが、鎌の内側の模様でコカマキリとわかる(滋賀県)

コカマキリの成虫。羽を広げて威嚇をしているのでしょうか(大阪)

コカマキリってどんな虫?

茶色い体をした小型で線の細い印象のカマキリです。緑色も見られますが数は少ないので珍しいです。特徴的なのは鎌(カマ)のようになった前脚の内側に黒っぽい藍色に縁取られた白斑が入っているところです。

チョウセンカマキリやオオカマキリなどと比べるとどうしても体が小さいのでパワーが足りません。知り合いがカマキリを捕まえたと写真付きで連絡をくれたのですが、その中にはコカマキリと一緒にオオカマキリが入れられていました。次に連絡をもらった時にはコカマキリの姿は消えていたそうです。カマキリの仲間は同種でも餌と認識されてしまうと捕食されてしまうので飼育するときなどは一匹ずつ飼うように気をつけないとですね。

コカマキリの鎌

コカマキリの鎌の写真
コカマキリの鎌の内側です。小型のカマキリを見つけた時に他のカマキリの幼虫なのかコカマキリなのかを判断するのにも有効です。

名前の由来

カマキリにも何種類かいますが、オオカマキリなどと比べて小型のカマキリであることから名付けられていると思います。しかし、実はヒナカマキリやヒメカマキリ(ヒメカマキリ科)などのもっと小さなカマキリも日本には生息しています。コカマキリのさらに半分以下くらいのサイズ感です。

カマキリ科

昆虫の分類にカマキリ目があります。その中にカマキリ科があって、コカマキリはその中の一種になります。日本で有名なカマキリ科の仲間ではオオカマキリやハラビロカマキリがいます。前脚が鎌(カマ)のように発達していて、他の昆虫や小動物を俊敏に捕食することが知られている昆虫です。

食べ物、餌(エサ)は?

カマキリは他の昆虫を捕食します。鎌(カマ)のようになった前脚で他の昆虫を一瞬で捕らえます。コカマキリは比較的小型のカマキリになりますから少し小さめの獲物を捉えていると思います。

コカマキリの幼虫の時期

コカマキリだけでなく他の大きなカマキリも生まれたては小さいので、アリに襲われても太刀打ちできないほどです。ですから、産まれて間もない頃はアブラムシなどの小さな昆虫を捕食して体を大きくしていきます。

コカマキリの写真
コカマキリのカマのお手入れ。鋭い口で他の昆虫などを食べます。
コカマキリの写真
コカマキリの幼虫と遭遇しました。こっちを見てくれて可愛いですね。

緑色のコカマキリ

コカマキリは基本的に茶褐色のものが多いのですが、まれに緑色のコカマキリが見つかります。数が少ないので珍しいです。

コカマキリの写真
緑色のコカマキリ。
コカマキリの写真
鎌の内側の模様がコカマキリの特徴です。

生息地と分布

本州、四国、九州で見ることができます。平地から山地の草むらや林の周りなどでよく見かけることができます。私の実家は滋賀にありますが、小さい頃は庭でもよく見かけた昆虫です。

コカマキリの卵

カマキリは卵鞘(らんしょう)と呼ばれるスポンジ状の中に卵を産みます。きっと、オオカマキリやハラビロカマキリの卵を見かけたことは多いと思いますが、コカマキリは木の根や石の裏などの隙間に産み付けるようで見つけにくいです。

公園の草むらを歩いていたコカマキリ

コカマキリの写真
成虫のコカマキリです。茶色い体にカマの内側の模様が特徴的です。

夕暮れに佇むコカマキリ

コカマキリの写真
夕暮れのコカマキリ

カマキリの仲間はこちら

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。