オオカマキリ

  • ブックマーク
オオカマキリの写真

概要

写真ギャラリー

オオカマキリを上から(奈良)

前脚は鎌状になっていて捕まえた獲物は離しません(奈良)

逆さまになって休んでいる(奈良)

葉っぱから葉っぱへ散歩中(奈良)

緑色の体は葉っぱに馴染んで見つけにくい(奈良)

幼虫の時期はまだ羽が小さいです(奈良)

草むらの中でも見つけにくい体の色です(奈良)

お手入れ中(奈良)

後翅は黒っぽい色をしています(奈良)

オオカマキリのカマの付け根は黄色をしています(奈良)

獲物を待ち構えています(奈良)

オオカマキリってどんな虫?

日本で最大のカマキリです。と言っても近い種類のチョウセンカマキリと見た目がとても良く似ています。一般的には普通にカマキリと呼ぶと、このオオカマキリかチョウセンカマキリのことを指していますね。

成虫になると大きいものだと90mmくらいのサイズがあるので結構大きいのです。肉食で獰猛(どうもう)な性格から大きな獲物まで捕まえてしまいますが、その様子から子供にも人気の昆虫です。

「オオカマキリ」と「チョウセンカマキリ」の見分け方

「オオカマキリ」と「チョウセンカマキリ」はとても良く似ています。名前に「大(オオ)」と入っているくらいですからオオカマキリのほうが一回り大きいのですが、個体差もあるので大きかったらオオカマキリという風に見分けるのもちょっと違います。

オオカマキリ

オオカマキリの写真
比較するとオオカマキリの方が逞しい印象です。

チョウセンカマキリ

チョウセンカマキリの写真
チョウセンカマキリの方がスラッとした印象ですね。

見分けるポイントその1「羽」

羽といっても後ろの羽です。後翅(こうし)と言います。威嚇するときなどに羽を広げて自分の体を大きく見せるのですが、その時に見える普段は隠れている羽のことですね。ですから、茂みなどに隠れているカマキリを見つけてもわからないので、ちょっと怒らせて威嚇させるか捕まえて確認するしかないですね。

オオカマキリの後翅(こうし)

オオカマキリの写真
オオカマキリの後翅は広げると黒っぽい色をしています。

チョウセンカマキリの後翅(こうし)

チョウセンカマキリの写真
チョウセンカマキリの後翅は透明です。

見分けるポイントその2「カマの付け根」

実は正面から見たときの雰囲気がちょっと違います。特に鎌(カマ)の付け根の部分に色が入っているのですが、オオカマキリでは黄色っぽいのに対して、チョウセンカマキリはオレンジ色をしています。

オオカマキリの胸の色は黄色

オオカマキリの写真
オオカマキリのカマの付け根は黄色。

チョウセンカマキリの胸はオレンジ色

チョウセンカマキリの写真
チョウセンカマキリのカマの付け根はオレンジ色。

名前の由来

前脚が鎌(カマ)のようになっているからカマキリなのですが、「キリ」というのはキリギリスのことです。実際にはキリギリスの仲間ではないのですが、昔はカマキリはバッタに近い仲間とされていたのです。そしてカマキリの中で一番大きいから「オオカマキリ」ですね!

カマキリ科

昆虫の分類にカマキリ目があります。その中にカマキリ科があって、オオカマキリはその中の一種になります。日本で有名なカマキリ科の仲間ではコカマキリやハラビロカマキリがいます。前脚が鎌(カマ)のように発達していて、他の昆虫や小動物を俊敏に捕食することが知られている昆虫です。

食べ物、餌(エサ)は?

カマキリは他の昆虫を捕食します。鎌(カマ)のようになった前脚で他の昆虫を一瞬で捕らえます。オオカマキリは体も大きいのと性格の獰猛さから、他の昆虫だけではなく小動物も捕らえて食べてしまうことがあります。トカゲやカエルなどを捕食することも知られていますが、時には小型の鳥類までもを捕まえることがあるようです。

幼虫の時にはカエルやトカゲには簡単に食べられてしまう存在なので、大きく成長すると立場が変わってしまうのですね。

オオカマキリの幼虫の時期

オオカマキリといえども、生まれたては小さな幼虫です。アリに捕まって巣に運び込まれてしまうこともあります。ですから、産まれて間もない頃はアブラムシなどの小さな昆虫を捕食して体を大きくしていくんですね。

生息地と分布

本州、四国、九州で見ることができます。北海道でも見られるようですが、昔は見ることはなかったようで人為的に持ち込まれたと考えられています。しかし、定着したということはもともと環境の条件などは整っていたのでしょうね。

草むらなどで普通に見られるのですが、よく移動もするようで道路などを歩いているのを見つけることもあります。

オオカマキリの卵

カマキリは卵鞘(らんしょう)と呼ばれるスポンジ状の中に卵を産みます。形も色々あるのですが、オオカマキリの卵鞘は「釣鐘型」と呼ばれる少し幅広の形をしています。

カマキリの仲間はこちら

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー