マメクロアブラムシ

  • ブックマーク
マメクロアブラムシの写真

写真ギャラリー

お尻(大阪)

幼虫が何匹かいます(大阪)

黒くツヤがないのが特徴です(大阪)

アブラムシの仲間まとめ 油虫図鑑

マメクロアブラムシってどんな虫?特徴は?

黒いアブラムシです。
テンサイやギシギシ、ソラマメなどについていることの多いアブラムシです。
特定の植物についているアブラムシが多い中でマメクロアブラムシは「多食性」のアブラムシでいろんな植物につくことがあるのが特徴です。

マメクロアブラムシの写真
マメクロアブラムシ。小さ幼虫も何匹か一緒にいます。

見つけた場所はカラスノエンドウで、ソラマメヒゲナガアブラムシに混じって小さなコロニーを作っていました。
たまたま、そこにいただけかもしれませんが、ソラマメにもつくことと多食性であることからカラスノエンドウも食べるのかもしれません。

ソラマメの葉裏などで見つかることが多く、暗褐色から黒褐色で光沢がないのが見分ける1つのポイントになります。
似ているマメアブラムシという種類も黒いアブラムシですが、ツヤツヤした光沢があります。

アブラムシの奥は冬が近づくとオスが生まれて交尾をして卵を産みますが、このマメクロアブラムシは幼虫を産むメスだけでずっと過ごしています。

マメクロアブラムシの分布や生息地

ヨロッパ原産と考えられていますが、日本で初めて確認されたのは1992年で栃木県で見つかったようです。
他にも北海道や大阪でも見つかっており、日本のかなり広い範囲に生息して入ると思いますが、はっきりとした記述がみつけられなかったので生息地の欄は空白にしています。

アブラムシの仲間をもっと見る!

アブラムシの仲間まとめ 油虫図鑑

アブラムシの仲間バナー画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)
- - - - - - - - - - -
【宣伝】
プロが使う技術を、オンラインでデザインや動画のスキルが学べる「フリカレ」を応援しています。
https://c-u.co.jp/school/
※デザインクエスト(デザインスクール)のカリキュラムの監修もしています。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー