モンキチョウ

  • ブックマーク
モンキチョウの写真

写真ギャラリー

淡く白い紋が特徴

アカツメクサで吸ミツしています

黄色とピンクの体毛がファンシー

羽のずれた部分が白いのでメス♀

モンキチョウ

透けた羽がとても綺麗

シロチョウ科まとめ 蝶の図鑑

モンキチョウってどんな虫?

春先から見られる蝶で、早いと3月頃から見られますが、モンシロチョウより少し後くらいから飛んでいるのを見かけます。
黄色い蝶では「キチョウ」なども居るのですが、それよりも一回り二周り大きく、モンシロチョウくらいのサイズ感です。
そして、黄色いだけではなく頭の一部や羽の輪郭の部分がピンク色になっているのでちょっとファンシーな印象もあるチョウチョです。

モンキチョウの写真
モンキチョウ

シロチョウ科

チョウ目というグループの「シロチョウ科」に含まれている一種です。モンシロチョウやツマキチョウなどが近い仲間として知られており、ほかにも30~40種類ほどが日本で見られます。

モンキチョウの特徴

モンシロチョウと同じくらいのサイズの蝶ですが、全体が黄色っぽいのと、小さな紋の入り方が違うのが特徴です。
羽の裏側には淡く白っぽい紋が入っているので、あまり間違えることはありません。

オスとメスの違い

オスとメスでは模様の違いはほとんどありませんが、メスには黄色のタイプと白いタイプがいます。
メスの白色タイプでは、羽の表が白くなるので、モンシロチョウのような雰囲気もありますが、後ろ羽の小さな紋が黄色く目立つのが特徴的です。
裏面も羽がずれたところが白っぽく見えるものはメスになります。

ただ、黄色のタイプはオスとメス両方が見られるので識別するのは難しいです。

モンキチョウの写真
モンキチョウのメス♀。
羽のずれた部分が白くなっています。これはメス♀の白色タイプの特徴です。

ミヤマモンキチョウとの違い

ミヤマモンキチョウが似ているのですが、高山などで見られる蝶で生息域が限られています。
羽を広げた時の模様は、モンキチョウでは黒い部分に白や黄色の紋が入るのに対して、ミヤマモンキチョウは黒の一色になっているので見分けるのは難しくありません。

モンキチョウの生態や成長

幼虫

モンシロチョウの幼虫などと似たアオムシです。
幼虫はフンをはね飛ばす習性があります。

蛹(サナギ)

緑色のサナギです。幼虫で越冬するからか、茶色いサナギにはならないようです。
モンシロチョウのサナギと同じように、糸で木などに体を固定する帯蛹型(たいようがた)のサナギになります。

幼虫で越冬する

モンキチョウは幼虫の状態で冬を越します。

モンキチョウの分布や生息地

日本では北海道から南西諸島まで幅広く見られるチョウです。
世界にも広く分布していて、ヨーロッパや中央アジアなどにも生息しています。

モンキチョウの仲間をもっと見る

シロチョウ科まとめ 蝶の図鑑

シロチョウ特集のバナー画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)
- - - - - - - - - - -
【宣伝】
プロが使う技術を、オンラインでデザインや動画のスキルが学べる「フリカレ」を応援しています。
https://c-u.co.jp/school/
※デザインクエスト(デザインスクール)のカリキュラムの監修もしています。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー