セボシジョウカイ

  • ブックマーク
セボシジョウカイ

概要

写真ギャラリー

夕暮れ時に木にとまっていた(大阪)

見上げると葉っぱに止まったままこっちを見ていた(大阪)

モミジの葉っぱの裏にいたのが風情があって良い感じ(大阪)

枝を揺すったら落ちてきました(大阪)

顔を正面から見るとアゴも発達していますね(大阪)

背中の黒紋が名前の由来です(大阪)

セボシジョウカイってどんな虫?

ジョウカイボンの仲間なのですが、ジョウカイボンを知らない人も多くカミキリムシと間違えることも多い昆虫だったりします。
その仲間の中でも小型で可愛い昆虫です。

名前の由来

背中(胸部)に小さな黒紋が一つあるのが特徴的で名前の由来になっています。
オレンジ色の体と合わせてわかりやすい昆虫ですが、たまに紋のないセボシジョウカイもいるようなのでちょっと注意が必要です。

セボシジョウカイ
背中(胸部)には黒い紋が一つ入っていてこれを星と呼んでいます。

食べ物、餌(エサ)は?

花にやってきてミツを食べることもあるようですが、他の昆虫を捕食することもあります。
ジョウカイボンの仲間は捕食性のものが多く、このセボシジョウカイも同じなんですね。
顔を見るとアゴも発達していて、肉食の雰囲気がありますね!

セボシジョウカイ
アゴが発達しているので強そうですね!見た雰囲気は可愛いんですけどね。

生息地と分布

本州から九州まで見ることができ、平地から里山などでよく見ることができます。
公園などでも木の茂ったあたりの樹上に止まっていたりもしますし、割とよく飛ぶので見つけやすい昆虫です。
木の枝を揺すったときに落ちてきたこともありました!

カミキリムシに似ている?

ジョウカイボンの仲間はカミキリムシの仲間と姿が似ているので間違いやすい昆虫です。
慣れてくると、なんとなくジョウカイボンの顔の雰囲気などがわかってくると思いますが、触ってみると羽がカミキリむしなどと比べてかなり柔らかいのも特徴になります。

セボシジョウカイ
セボシジョウカイは「ホタル上科」の「ジョウカイボン科」の昆虫
イシガキリンゴカミキリ
イシガキリンゴカミキリは「ハムシ上科」の「カミキリムシ科」の昆虫

上の画像で似ているやつを並べてみましたがいかがですか?似てますね。

ホタルの仲間?

ジョウカイボンの仲間はホタルなどが含まれる「ホタル上科」の昆虫なのでホタルに近い仲間になります。
カミキリムシなどは「ハムシ上科」に含まれる一群です。同じコウチュウ目の仲間ではありますが、見た目以上の違いがあるようです。

ですから、カミキリムシに姿が似ていると思って図鑑などを調べていてもジョウカイボンの仲間は出てきません。ホタルなどの近くに載っていることが多いんですね!

ジョウカイボンの中では小型でかわいい

ジョウカイボンやキンイロジョウカイなどは2センチほどの体長で、顔も肉食の顔でちょっといかついのですが、セボシジョウカイは1センチほどの小型の種類でかわいいです。
他にも小型の種類は多かったりしますが、頭もオレンジ色で明るい色なのもチャームポイントになっています。

コウチュウ(甲虫)の仲間はこちら

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。