カオマダラクサカゲロウ

  • ブックマーク
カオマダラクサカゲロウ

カオマダラクサカゲロウってどんな虫?

クサカゲロウと呼ばれる仲間で割と身近に見られる昆虫です。

カオマダラクサカゲロウ
クサカゲロウの仲間は近所でも見つけやすい身近な昆虫です。

名前の由来

クサカゲロウというのは漢字で「草蜉蝣」や「臭蜉蝣」と書きます。緑の体で草に止まっている様子などから「草」とついたりします。
クサカゲロウの仲間の中には一部「臭い匂い」を出すものも知られており、そこから「臭」の文字があてられることもありますが本種は幼虫成虫ともに臭いを出すことはないようです。

顔の部分には「人」の文字に似たような模様が入っていて、それが「カオマダラ(顔斑)」の名前につながっているみたいですね!
クサカゲロウの仲間の多くはこの顔の模様で種類の違いを判断することが多いです。

カオマダラクサカゲロウ
カオマダラクサカゲロウの顔に見える「人」のような形をした黒い紋。

英語では「green lacewing」

クサカゲロウの仲間は英語で「green lacewing(グリーンレースウィング)」と呼ばれます。
美しい緑色の体と透けた羽からきていますね!

カオマダラクサカゲロウの羽を拡大してみると、翅脈(しみゃく)にそって細かな毛が生えているのがわかります。
飛ぶのに有利になったりするのでしょうか?

カオマダラクサカゲロウ
カオマダラクサカゲロウの羽を拡大すると細かな毛が沢山見える。

幼虫はゴミを背負ってカモフラージュ

カオマダラクサカゲロウの幼虫はカモフラージュのために、アブラムシの死骸や脱皮殻などを背負っています。
「塵載せ型」の幼虫と言われたりもします。
葉っぱの上を変な塊がもぞもぞ動いているなと思ってよく見ると、鋭いアゴを持った幼虫の頭がのぞいています。

「うどんげ(優曇華)」と呼ばれる卵

クサカゲロウの仲間の卵は「うどんげ(優曇華)」と呼ばれる不思議な卵を生みます。
糸のような「卵柄」がのびてその先に白く丸っこい卵が一個ついています。
その形が法華経に出てくる伝説上の花に由来しています。

農業との関わり

アブラムシの幼虫などを食べる食性を持っています。
「農業害虫」と呼ばれる、作物に被害を与える小昆虫を食べてくれるので人間にとって益虫になるので農家さんには好かれそうですね!

アリマキジゴクの別名

アリジゴクをご存知でしょうか?
アリジゴクはウスバカゲロウの幼虫でクサカゲロウの仲間とは近い仲間になります。
クサカゲロウの幼虫はアリジゴクのように地面に巣を作ったりはせずに葉っぱの上などで獲物を探しますが、姿はとても似た雰囲気を持っています。
そんなこともありクサカゲロウの幼虫は「アリマキジゴク」と呼ばれたりもします。
アリマキとはアブラムシのことですね!

成虫で越冬

カオマダラクサカゲロウは成虫で越冬することが知られています。

クサカゲロウを含むアミメカゲロウ目はこちら

概要

写真ギャラリー

朝方に住まいの壁についていた。夜のうちにやってきたのだろう(大阪)

透明な羽に美しい緑の体色。背中には黄色い筋が真っ直ぐに入っている。触角はとても長い(大阪)

透明な羽の翅脈(しみゃく)には細かな毛が生えている(大阪)

複眼はグリーンやレッドが見える複雑なメタリックカラーで美しい(大阪)

顔に「人」の文字のような模様が見えるのが特徴(大阪)

綺麗な体と透き通った羽です(大阪)

目がくりくりして可愛いですね(大阪)

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。