毎月昆虫を楽しもう!ムシミル編集部がお届けする 昆虫知る見る「月刊ムシミル」はこちらから

ヒゲナガカミキリ

  • ブックマーク
ヒゲナガカミキリの写真

写真ギャラリー

触角が長い

顔のアップ

脚(アシ)の長さも特徴的

オスで体長の約3倍の触角の長さ

オスはく黒くツヤのある体色

ヒゲナガカミキリ

カミキリムシ科まとめ 髪切虫図鑑

ヒゲナガカミキリってどんな虫?

大型のカミキリムシで触角がとても長いのが特徴的です。
特にオスの触角はとても長く、体長の3倍程度にもなります。
もともとが大型なので、とても迫力があるんですよ。

初めて見たときも、そのボリューム感に驚きました。
大きいので、力も強いですし触るのもちょっとドキドキしましたね!

夜行性で、ライトなどにもやってきますが、大きな甲虫が飛んでくるのでびっくりします。

ヒゲナガカミキリの写真
大型で触角がとても長い。

カミキリムシ科

コウチュウ目に含まれるグループで、日本では約900種類が知られています。するどく発達したアゴは細い枝なら噛みちぎってしまうものもいます。その様子からカミキリムシ(髪切虫)と名付けられました。他にも長い触角を持つものが多いのも特徴です。

ヒゲナガカミキリの特徴

名前にもあるとおりに触角の長さが一番の特徴です。
脚も長く、木に捕まるのに発達してきたんでしょうね。
その長さは、メスでは体長の2倍程度ですが、オスでは3倍ほどの長さにもなります。

体色ではオスは黄色い模様が入って、黒い光沢のあるボディです。
小型のオスでは、淡い褐色の斑紋が入ったメスのような色彩のものも現れます。

メスは黄色い模様と、淡い褐色の斑紋が特徴です。

オス♂の写真

ヒゲナガカミキリの写真
オス♂:顔
ヒゲナガカミキリの写真
オス♂:触角がとても長い

ヒゲナガカミキリの写真
オス♂:オスで体長の約3倍ほどの触角の長さがある
ヒゲナガカミキリの写真
オス♂:上から

ヒゲナガカミキリの写真
オス♂:横から

脚(アシ)

脚が長いのも特徴的ですが、その脚の先を見てみると、前脚は幅広で毛もたくさん生えているのがわかりました。

ヒゲナガカミキリの写真
特徴的な前脚(ぜんきゃく)

生態や成長

食べ物や餌(エサ)は

成虫はモミなどの針葉樹の衰弱木や伐採木にやってくるのが観察されます。
樹皮や葉っぱなどカジッていると思われますが見たことは無いです。

幼虫は枯れ木や、衰弱木の枯れた部分からも見つかるようで、その中を食べて成長します。

分布や生息環境

日本では北海道から九州まで見ることのできる昆虫で山地で見つかります。
山地でよく見られる昆虫なので、普段の生活ではなかなか見ませんが、生息地では普通に見られるようです。

ヒゲナガカミキリの仲間をもっと見る!

カミキリムシ科まとめ 髪切虫図鑑

カミキリムシ特集のバナー

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)