ネットだけじゃなくお家に届く「月刊ムシミル」

コオニヤンマ(ヤゴ)

コオニヤンマの写真

写真ギャラリー

触角の先が円盤状に丸いところが特徴的

体は平べったく枯れ葉のよう

上から

下から

サナエトンボ科まとめ トンボ図鑑

コオニヤンマってどんな虫?

オニヤンマを小さくしたような雰囲気から名付けられたのかも知れませんが、サナエトンボの仲間になります。

配色は黒と黄色のデザインで。オニヤンマのようにも見えますが、体の割に頭部が小さく複眼も離れています。
(オニヤンマは複眼が一点で接する)

後脚(一番うしろの脚)が非常に長く発達しているのも特徴的です。

ヤゴの時代は、樹林が近くにある河川や小川で生活し、平べったい枯葉状になっている独特なフォルムです。

サナエトンボ科

小さいオニヤンマかと思ったら、別のグループです。
オニヤンマは「オニヤンマ科」ですし、ヤンマとつくけど「ヤンマ科」でもありません。

サナエトンボ科の仲間になります。

昆虫の分類でトンボ目があり、その中のサナエトンボ科の一種にコオニヤンマは含まれます。この仲間にはウチワヤンマやミヤマサナエなどがいます。この仲間はトンボの中でも複眼が離れているのが特徴の一つです。

コオニヤンマの特徴

ヤゴ(幼虫)

トンボの仲間はみんな肉食で、幼虫時代は水中で過ごします。
コオニヤンマの幼虫は腹部の幅が広く、上から見ると小判のようにも落ち葉のようにも見える体型をしています。

なかなか独特なフォルムで、顔にも愛嬌があります。
触角の先は丸くなっているのもユニークな雰囲気に拍車をかけていますね。

コオニヤンマの写真
ヤゴ:顔のアップ
コオニヤンマの写真
ななめから
コオニヤンマの写真
横から見ると平たい
コオニヤンマの写真
上から:枯れ葉みたいなデザイン
コオニヤンマの写真
下から:触角の先が丸っこい

分布や生息環境

北海道から九州にかけて広く分布します。
丘陵地などで周りに樹林があるような環境で、河川や小川近くで見られます。

コオニヤンマの仲間をもっと見る!

サナエトンボ科まとめ トンボ図鑑

関連記事(一部広告含む)

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)