ダンダラテントウ

  • ブックマーク
ダンダラテントウの写真

概要

写真ギャラリー

可愛くも凛々しい顔立ち

葉っぱを歩き回って食事のアブラムシを探す

暗くなってじっと休んでいる

4つの紋が端っこにあるダンダラテントウ(大阪)

顔のように見える。少しハロウィンを連想させる。

ダンダラテントウってどんな虫?

テントウムシ科

昆虫の分類で硬い羽を持つことが特徴の「甲虫目」があります。その中に「テントウムシ科」があるのですがダンダラテントウはこの仲間に含まれています。他にも有名なテントウムシではナナホシテントウやナミテントウも同じ仲間になります。

段々模様

ダンダラとは「段斑」と書きます。黒色の地色に赤色やオレンジ色の模様が段々の斑に入っているから「ダンダラ(段斑)」テントウと呼ばれるのですね。ただ、ダンダラテントウは模様の変化が大きく、個体によっていろんな模様が出てきます。

変異が大きい

個体によって模様の変異が大きい種類です。同じ場所でもいろんな模様のダンダラテントウが見られますが、ある程度の傾向も見られるようです。

九州より北の方で見られるダンダラテントウは、黒っぽい地色に少しの斑紋が入った個体が多いです。4つの紋が入っていることから以前は「ヨスジテントウ」という名前で別種として扱われていました。

南方に行くほど赤色の変わった模様の個体が多く、そちらの模様がダンダラ型と呼ばれており名前の由来になりました。この模様は特徴的で面白いですね!まるでハロウィンを思わせるようなカボチャの顔のように見えませんか?

ダンダラテントウの写真
南西諸島で見られるダンダラ型と呼ばれるタイプ。このタイプでも数種類の変化があります。ダンダラ模様がなくなってしまう縦に黒い筋が一本通ったタイプもいます。
ダンダラテントウの写真
九州より北で多く見られる黒い地色に赤い紋が少し入ったタイプ。以前はヨスジテントウと呼ばれ別種として扱われていましたが、ダンダラテントウであることがわかりました。

ナミテントウと似ている

ナミテントウも個体によって模様の変化が大きいので勘違いしやすいようです。南西諸島に多く見られる変わった模様のダンダラテントウは間違えることはなさそうですが、北の方で見られるものでは模様が小さくなってナミテントウと似た模様になることも多いです。

確実に区別するポイントとしては、2種類の羽の縁の方の反り具合で判断できます。ダンダラテントウの方が羽の縁の反りが大きく、ナミテントウの方が反りが小さいので見慣れれば見分けが付きそうです。

ダンダラテントウの食べ物や餌(エサ)

ダンダラテントウは他の肉食のテントウムシが食べるようにアブラムシなどを捕まえて食べます。アブラムシは農作物や園芸の植物につくことも多いので、それを食べてくれるダンダラテントウは人間にとっての益虫(えきちゅう)になります。

テントウムシの仲間はこちら

テントウムシのことをもっと知りたい!

甲虫(こうちゅう)の仲間はこちら

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー