キイロテントウ

  • ブックマーク
キイロテントウの写真

写真ギャラリー

少し色が濃い個体。よくみると羽が傷ついている

黄色と白色でとてもキレイだ

キイロテントウってどんな虫?

テントウムシ科

昆虫の分類で硬い羽を持つことが特徴の「甲虫目」があります。その中に「テントウムシ科」があるのですがキイロテントウはこの仲間に含まれています。他にも有名なテントウムシではナナホシテントウやアミダテントウも同じ仲間になります。

黄色いテントウムシ

テントウムシは赤色のイメージが強いのですが黄色いテントウムシもいます。黄色いテントウムシで代表的なのが名前もそのまま「キイロテントウ」ですね!テントウムシの仲間は蛹(サナギ)から成虫になるのに羽化をします。羽化したてのテントウムシは赤いや黒色ではなく黄色いのですが、時間が立つとそれぞれの模様が出てきて色づいてきます。キイロテントウは成熟しても黄色いままなので知らないと羽化したてのテントウムシのように見えるかもしれません。

体は黄色く頭や胸は白いのですが、目と胸のところにある大きな紋は黒色をしています。これがちょっとマロ眉に見えて可愛いんですよね。

菌を食べる

テントウムシの仲間はその種類によって食性が様々です。よく知られているのはナナホシテントウなどがアブラムシを食べる話で肉食です。他にもナスなどについて嫌われてしまうニジュウヤホシテントウなどは草食です。そして、このキイロテントウはうどんこ病菌を食べる菌食性です。変わった食性をしていますね!

農作物等にもついて悪影響を与えるうどんこ病菌を食べてくれるのでありがたい昆虫です。

分布や亜種

キイロテントウは本州から南西諸島まで見ることができます。その中で南の方へ行くと少し違った雰囲気のキイロテントウを見ることができます。

胸のところの黒紋の大きな個体が奄美大島や沖縄島などの南の方に分布しているのです。しかし、場所は限定されているようで石垣島で見かけたキイロテントウは全て関西の方でも見られるものとあまり変わりませんでした。この紋の大きなタイプは亜種K. koebelei amamianaとされています。

テントウムシ科まとめ 天道虫図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー