ヒメカメノコテントウ

  • ブックマーク
ヒメカメノコテントウの写真

概要

写真ギャラリー

亀甲型と呼ばれる模様

ヒメカメノコテントウのカップル

可愛い顔をしているがアブラムシを食べる肉食のテントウムシだ

二紋型のヒメカメノコテントウ

四紋型と呼ばれるタイプ

ヒメカメノコテントウってどんな虫?

テントウムシ科

昆虫の分類で硬い羽を持つことが特徴の「甲虫目」があります。その中に「テントウムシ科」があるのですがヒメカメノコテントウはこの仲間に含まれています。他にも有名なテントウムシではキイロテントウやナナホシテントウも同じ仲間になります。

模様は変異が大きい

よく見る模様は、黄色いベースに黒色の模様が入ったデザインでブロックチェックのようなモダンな柄になっているのをよく見ます。しかし、模様の入らない真っ黒なものや、オレンジ色のベースに黒い縦筋が入ったような「せすじ型」と呼ばれるデザインのものなどもおり、模様の変異が大きい種類になります。

ヒメカメノコテントウの模様の違い

ヒメカメノコテントウの写真
「亀甲型」と呼ばれるヒメカメノコテントウのタイプ。このタイプにも模様がしっかりと繋がったものや離れたものなどで変異があります。色に関してもキイロっぽいものから赤っぽいものまでいますし、中央の縦筋の黒ラインに白い帯が両側に入るタイプもいます。
ヒメカメノコテントウの写真
「二紋型」と呼ばれるヒメカメノコテントウのメス。オスの方は亀甲型です。肩部の紋はあまり大きくありませんが2つあります。オスが乗っていて見えませんが後ろ側に紋はありませんでした。肩部の紋が完全になくなると「せすじ型」と呼ばれます。
ヒメカメノコテントウ
「四紋型」と呼ばれるヒメカメノコテントウのタイプ。縦筋と4つの紋が特徴的な模様です。

カメノコテントウとの違い

ヒメカメノコテントウという名前ですが、普通のカメノコテントウという名前のものもいます。カメノコテントウは亀の甲羅のような模様はヒメカメノコテントウの亀甲型と近いのですがサイズが全然違います。カメノコテントウは日本で最大級の大型テントウムシなんですね。

「ヒメ」というのは、小さいという意味でつけられることが多いので、亀のような模様を持ったテントウムシの小型タイプってことになります。しかし、カメノコテントウはなんだか強そうですし甲羅模様以外はあんまり似てないですね。

益虫のテントウムシ

幼虫や成虫ともにアブラムシなどを食べます。農作物や園芸植物を守ってくれるので益虫として喜ばれます。

テントウムシの仲間はこちら

テントウムシのことをもっと知りたい!

甲虫(こうちゅう)の仲間はこちら

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。