クロイトトンボ

  • ブックマーク
クロイトトンボの写真

写真ギャラリー

白い粉で青白い印象になったオス(大坂)

体が軽いのでちょっとしたところにも止まることができる(大坂)

小さめの眼後紋(がんこうもん)や腹部の青色の模様も参考になる(大坂)

雫の上でとても綺麗だが縄張りを張ってじっとしているのだろう(大坂)

クロイトトンボってどんな虫?

クロは黒いのか?

全体的に黒色が強い印象のイトトンボです。真っ黒なわけではなく、青っぽい印象や黄色(黄緑)のものもいます。

クロイトトンボの写真
体は黒いですが、白い粉に覆われて青白い印象になっています。

イトトンボ科

昆虫の分類でトンボ目があります。その中にイトトンボ科は含まれていてクロイトトンボはそこに含まれる一種になります。イトトンボは漢字で書くと「糸蜻蛉」になるのですが、これは全体的に小さく細い印象から「糸」という言葉が使われたものです。他には、このグループにアジアイトトンボやキイトトンボなどが含まれています。

白い粉に覆われる

成熟するとオスは黒化し、頭から腹の付け根あたりが白い粉で覆われて青白く見えます。

水辺を離れて体をつくる

羽化後は水辺を離れて近くの林などに移動をするが、成熟して体が出来上がると水辺に戻るようです。

縄張り意識

オスは水草の上などに止まって縄張りをつくる習性があります。

小さめ眼後紋(がんこうもん)

イトトンボには眼後紋(がんこうもん)と呼ばれる目の後ろに特徴的な紋を持つものがいます。
クロイトトンボには、体色に合わせた小さめの眼後紋があり、他のイトトンボの仲間と見分けるときの参考になります。

イトトンボ科まとめ トンボ図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー