カノコガ

  • ブックマーク
カノコガの写真

写真ギャラリー

パッと見はチョウのようにも見える。(大坂)

お腹側には黄色い紋が連続的に入っている(大坂)

カノコガってどんな虫?

ヒトリガ科

チョウ目の中で一般に蛾(ガ)と呼ばれる仲間ですが、その中の分類で更に細かく「ヒトリガ科」に含まれる一種になります。ちなみにこの「ヒトリ」は「一人」ではなく「火取」と書きます。これは、ヒトリガの仲間の多くに走光性があり、光に集まってくる習性から名付けられました。

カノコとは?

カノコとは「鹿の子」と書きます。これは、子鹿の背中にあるような模様を鹿の子柄などと呼んでいたことからきています。カノコガの斑点が散在するようなこの模様がをした羽のデザインから連想されたのが名前の由来となっています。

羽の模様と黄色い帯

黒い羽に、半透明の白い紋が入ったデザインをしています。カノコガを上から見たときに、黄色い二本の帯が入っているのも特徴的です。そして、横から見ると黄色の斑紋がたくさん並んでいます。

ムラマツカノコと何が違う?

一見同じカノコガのようにも見えますが「ムラマツカノコ」には首の後ろに黄色い帯が入っています。羽の模様もムラマツカノコの方が複雑でよく見るとちょっと違うのです。

ムラマツカノコは日本では与那国島や石垣島などの一部の地域でしか確認されておらず、カノコガは南西諸島では確認されていないので、見つけた場所がわかっていればそれだけでも間違えることはないでしょう。他にも「キハダカノコ」という種類もいるのですが、カノコガは上から見た時に二本の黄色い帯が入るのに対して、キハダはお腹が全体的に黄色と黒の縞模様になっていることから違いがわかります。

参考:ムラマツカノコ

私の名前も「ムラマツ」なのでちょっと親近感が湧いてしまう種類の昆虫です。

ハチに似ているか?

フタオビドロバチとかキオビツチバチとかに擬態しているとされています。蛾の仲間でも蜂に擬態している種類は多数確認されていますが、これは毒のあるハチに自分を似せることで、捕食者を警戒させて身を守っています。と言われていますが、このカノコガは蜂っぽく見えるでしょうかね?

しかし、そう考えると羽の模様が透けているのも、少しでも羽の部分を蜂に似せようとして進化してきたのかもしれませんね。

ハンコチョウと呼ばれる

蛾の仲間なので、その羽には他の種類と同じように鱗粉がたくさんついています。これを手で触ると、まるでハンコを押したように羽の鱗粉が鹿の子模様になってつくところから「ハンコチョウ」と呼ばれることもあるそうです。

ヒトリガ科まとめ 火取蛾図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー