ムラサキシジミ

  • ブックマーク
ムラサキシジミの写真

写真ギャラリー

濃褐色で地味な色彩

ムラサキシジミの正面。凛々しい。

オキナワアズチグモに捕食されていた(石垣島)

ムラサキシジミ

ムラサキシジミってどんな蝶?

シジミチョウ科の昆虫

チョウの分類の中にはシジミチョウ科があります。(他にはアゲハチョウ科やシロチョウ科など)

羽の小ささや形が貝類の蜆(シジミ)に似ていることからシジミチョウと呼ばれています。

地味な羽に輝く紫

羽を閉じた裏面は、にじみのある地味な茶色をしていて羽の模様は不鮮明な印象です。しかし、表の羽の縁は茶色が太く入っていますが、その中央部分は美しい青紫に輝く模様が入っています。ですから、飛んでいるところはキラキラしていてとても印象深いです。

似た種類の蝶

似ている種類がいくつかいるので紹介しておきます。

ムラサキツバメ

名前が少し似ていますね!

裏の模様は不明瞭なムラサキシジミと比べ、ムラサキツバメでは鮮明なマダラ模様が入っているので印象がぜんぜん違います。オスの表の羽は、ムラサキシジミに綺麗なブルーが入っているのに対して、ムラサキツバメのオスは全体的に暗褐色をしていて地味な印象です。しかし、オスのほうが地味なのはチョウの中では珍しいです。

ルーミスシジミ

裏の模様は雰囲気は似ていますが、こちらは灰白色がベースになっているので間違えることはなさそうです。おまけに数も減らしているので、なかなか出会うことも少ないです。

成虫で越冬する

成虫で越冬することが知られていて、葉っぱの裏などで何匹か集まって集団で越冬しているのが観察されます。春になると飛び回るようになり、花のミツなどを訪れます。不思議なのは春先の越冬直後は花のミツなどを訪れるのですが、越冬前くらいになると訪花性が低くなります。

飛び方が忙しそう

木の周りなどを飛んでいたりしていますが、パタパタと飛ぶ姿も速めでなんだか忙しそうです。日中の活動はあまり得意ではないようで、夕方くらいになるととても素早く飛び回ります。

ムラサキシジミのイモムシ(幼虫)

わらじ型のイモムシで枝先の若葉を丸めて潜んだりします。蜜腺(みつせん)を持っているので、そこから分泌する液をアリが好んでもらいにやってきます。そうすることで、アリに自分の身を守ってもらっていると考えられています。そういった関係を「共生関係」と呼んだります。

ミツに含まれる中毒成分!?

以前は、ミツをあげたお礼に守ってもらうという共生関係が成り立っていると考えられていました。しかし、研究によってミツを食べたアリは歩行行動が減少したり、攻撃的になったりすることがわかりました。つまり、ミツを食べたアリを操っているとも考えられるのです。

シジミチョウ科まとめ 蝶の図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー