コムラサキ

  • ブックマーク
コムラサキの写真

写真ギャラリー

メスの裏羽(大阪)

写真はメスで、ムラサキは入らない(大阪)

オスの表羽には青紫が入って綺麗(奈良)

木漏れ日の差す林の中で樹液などに集まる。(大阪)

コムラサキってどんな蝶?

樹液に集まる昆虫を探しに行った時に出会えるチョウです。カナブンやシロテンハナムグリなどと一緒に樹液に集まっているのを見かけることが多い種類ですね。スズメバチなどと一緒に樹液を吸っているのも見かけたりします。スズメバチが樹液を占領していると、少し離れたところで様子をうかがいながら、ちょっとずつ近づいていって樹液にありついたりします。しかし、スズメバチもコムラサキ程度は気にならないのか警戒するほどに追い払おうとはしないように思います。

タテハチョウ科

チョウの分類の中にタテハチョウ科があります。コムラサキはタテハチョウの仲間の一種になります。日本の国蝶であるオオムラサキもタテハチョウ科で、同じような紫色のきれいなチョウとして小型な方であることからコムラサキと名付けられているのだと思います。

紫(ムラサキ)模様

オスは羽を広げると紫色の入った明るい茶色と黒色のデザインをしています。紫色が入っているところがオオムラサキとも似ていますが、その模様の雰囲気は大きく違っています。

メスは全体的に茶色の模様で少し地味な印象です。オスのように紫色の模様は入ってきません。

コムラサキのオス

コムラサキのオスの写真
コムラサキのオス。羽も傷ついているが、中央部くらいに綺麗な紫色が入っているのがわかる。

黒色型がいる

オスメスともに黒色型がたまに見られます。黒色型は「クロコムラサキ」とも呼ばれますが、オスでは明るい茶色だった部分がなくなり全体的に黒っぽい印象の中に紫色の模様が入ってきます。普通の型よりもオオムラサキに印象が似てきますが大きさがぜんぜん違うので間違うことはないでしょう。

メスでも全体的に黒っぽくなります。淡色だった模様も変化して白色の斑紋が入ります。

樹液にやってくる

コムラサキはあまり花にやってくるのを見かけません。林の中などで、樹液などによく集まってきます。カブトムシやカナブンなどと一緒に樹液を吸っているところをよく見かけます。

フンや人の汗などを吸いにやって来ることもありますし、河原などで地面に降りて吸水しているところも見られたりします。

樹液にやってきたコムラサキ

コムラサキの写真
コムラサキのメス。右側にスズメバチがいるようだが、樹液の出るポイントはそこなんですね。この位置で少し休んでから樹液を拝借しに移動していきます。

分布や生息環境など

南西諸島をのぞいて全国的に見ることのできる蝶です。ヤナギの生える樹林などで見かけることができます。都市部の公園の中でも見られたりするので意外に身近な蝶だったりします。

タテハチョウ科まとめ 蝶の図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー