ミドリヒョウモン

  • ブックマーク
ミドリヒョウモンの写真

写真ギャラリー

♂凛々しい顔をしている

♂前の羽に4本の筋が入っているのはオスの特徴

♂後ろの羽が黄緑っぽい色をしている

ミドリヒョウモンってどんな蝶?

ヒョウモンと名のつくチョウチョは何種類かいます。その特徴はなんといっても、豹紋(ヒョウモン)と呼ばれるレオパードを想像させるヒョウ柄模様です。ベースの色もオレンジ色が多いので余計にヒョウ柄に見えておしゃれなチョウチョです。

タテハチョウ科

チョウの分類の中にタテハチョウ科があります。ミドリヒョウモンはタテハチョウ科の一種になりますが、ミドリヒョウモンの他にも「ヒョウモン」とついている種類も多いので「ヒョウモンチョウ」の仲間と呼ばれたりもします。ヒョウモンチョウの中で有名なものではツマグロヒョウモンやウラギンヒョウモンなどがいます。

名前の由来は?

羽を閉じたときに見える、後ろ羽(後翅裏側)が緑がかって見えるところから名付けられました。光の角度などで緑色が強調されたりするのですが、パッと見た感じですごく緑色をしているわけではないので注意が必要かもしれません。その緑っぽく見える部分には、三本の白い帯が入っているのも特徴的です。

トゲトゲイモムシ

ヒョウモンチョウの仲間の幼虫はトゲトゲしているものが多いです。このミドリヒョウモンの幼虫も同様で、見た感じの印象はトゲトゲです。黒い地色に、橙褐色のトゲトゲ突起がたくさんついているのですが、頭の後ろから前方にとても長い突起が2本ついているのも面白いです。この突起はトゲというよりは触角のように伸びています。

トゲっぽいのが一番の特徴ではありますが、背中には2本の黄色い帯状の線が入るのもポイントですね。少し似ているツマグロヒョウモンの幼虫は背中に入っているのは1本帯になっています。

オスとメス

オスとメスでは模様も少し違うのですが、前羽の先の方に白い斑紋があるのがメスです。オスには白い斑紋がありません。緑に見える部分はメスのほうが暗く沈んでいて色が強く見えます。

表の羽ではオスでは4本のラインが入って見えるのが特徴的なのですが、メスにはそれがありません。その代わりにメスは羽の輪郭部分の黒い模様が強く出ているので、オスとメスでは雰囲気が異なります。

オスが羽を広げている写真

ミドリヒョウモンの写真
ミドリヒョウモンのオスが羽を広げて花に止まっています。4本の線とは、前羽の少し後ろ側に見える模様の事で、メスではこの模様がありません。

花の蜜を吸うミドリヒョウモン

花のミツを吸うミドリヒョウモンのオス
花のミツを吸うミドリヒョウモン

タテハチョウ科まとめ 蝶の図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー