リュウキュウアサギマダラ

  • ブックマーク
リュウキュウアサギマダラの写真

概要

写真ギャラリー

吸蜜するリュウキュウアサギマダラ(石垣島)

浅葱色の美しい羽(石垣島)

日中から活動します

じっと休んでいるリュウキュウアサギマダラ

台湾で出会ったリュウキュウアサギマダラ(台湾)

リュウキュウアサギマダラを正面から

リュウキュウアサギマダラ。色んな花に集まって吸蜜する(石垣島)

リュウキュウアサギマダラってどんな蝶?

タテハチョウ科

チョウの分類の中にタテハチョウ科があります。リュウキュウアサギマダラはタテハチョウの仲間ですが「マダラチョウ」の仲間として紹介されることもあります。マダラチョウの仲間は移動性も高く長距離移動をする種類も多く知られています。

美しいブルーカラー

水色のマダラ模様が複雑に羽に入った美しいチョウチョです。とても南国らしい色彩と模様で、浅葱色(あさぎいろ)という薄い青緑色のことをさしているのが由来となっています。

リュウキュウアサギマダラの写真
浅葱色の模様を持つリュウキュウアサギマダラ。

派手な幼虫(イモムシ)

黒い体に、白く細かい紋がたくさん入った幼虫です。他にもツノのような突起がある上に、その根元は赤くなっていてなんだか毒々しいなどの特徴がたくさんあるイモムシです。

毒を持つ

幼虫の時に食べるのはガガイモ科のツルモウリンカなどの葉っぱです。ツルモウリンカには毒があり、幼虫の時にその毒を体内にためておきます。サナギになって、成虫へと大きくなってもその毒は体内に蓄えたままなのです。ですので、リュウキュウアサギマダラを食べてしまった鳥などは吐き戻してしまうのですが、それを一度経験すると二度と同じチョウを食べようとはしません。ですから、地味な色や模様で隠れるのではなく目立つことによって食べられないようにしている種類のチョウです。

美しいサナギ

ツヤツヤと輝くとてもつくしいサナギです。そのサナギの様子は、まるでアクセサリーかなにかのようで、プラスチックか何かの樹脂で固めたような印象を持っています。そのツヤツヤ感で周りの景色を写し込んで馴染んだり、目立つことによって毒を印象づけるなど色んなことが想像されます。

生息地や分布など

日本では南西諸島で観察できる昆虫です。しかし、九州などで確認されることもあって海を渡って飛んできているようです。定着はしていないようで「迷チョウ」として扱われています。

昆虫館でもよく見ることができる

南国のチョウで、オオゴマダラと同じく昆虫館でよく飼育されています。昆虫館ではチョウチョが見たくなったら冬も含めて年中見ることができるのでおすすめです!

関西の三大昆虫館まとめの記事

箕面公園昆虫館で

リュウキュウアサギマダラの写真
リュウキュウアサギマダラ(箕面公園昆虫館)

伊丹市昆虫館で

リュウキュウアサギマダラの写真
リュウキュウアサギマダラ(伊丹市昆虫館)

台湾などにも生息し国外でも生息している

移動性も高く国外にも広く生息しています。インドネシアや中ゴックでも見ることができ、日本が見られる一番東の位置だったりします。

台湾で出会ったリュウキュウアサギマダラ

台湾リュウキュウアサギマダラの写真
リュウキュウアサギマダラ(台湾)

蝶(チョウ)や蛾(ガ)の仲間はこちら

蝶(チョウ)のことがもっと知りたい

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー