エンマコオロギ

  • ブックマーク
エンマコオロギの写真

写真ギャラリー

オス♂のエンマコオロギ。羽の模様が複雑(奈良)

草むらを移動するエンマコオロギのメス♀(京都)

メスの羽は模様が細かい(京都)

エンマコオロギのメス♀

エンマコオロギのメス♀

エンマコオロギのメス♀

眉のように見える模様は閻魔様を連想させる(京都)

エンマコオロギってどんな虫?

日本に生息する蟋蟀の仲間でかなり大きい種類です。地面を歩いているところを見つけることが多いのですが、黒い体で歩いている姿は他の昆虫を連想させて嫌がる人もいるようです。

しかし、鳴く虫としても有名で美しい音色を奏でます。

エンマコオロギの特徴

複眼の上にある眉状の模様が特徴的です。似た種類も何種類かいますが、この眉上の模様である程度見分けることができます。

オスとメスの違い

一番わかり易いのは産卵管です。メスには長い産卵管があります。

メスは羽の模様が細かいですあg、オス♂は鳴くためなのか、羽の模様が複雑になっていて印象が全く違います。

エンマコオロギの写真
エンマコオロギのメス♀羽の模様は細かい
エンマコオロギの写真
エンマコオロギのオス♂羽の模様は複雑

白バック写真

エンマコオロギの写真
エンマコオロギのメス♀の顔
エンマコオロギの写真
エンマコオロギのメス♀
エンマコオロギの写真
エンマコオロギのメス♀上から

名前の由来

エンマコオロギは「閻魔」が由来となって名付けられていますが、これは顔に入った眉模様が閻魔様の憤怒顔を連想させるところからきています。学名にも「emma」と入っています。

鳴く虫

エンマコオロギは鳴く虫としても有名です。羽をこすり合わせてコロコロリーと美しい音を奏でますが、これはメスを誘うために奏でているので、鳴くのはオスだけです。

似た種類

エンマコオロギにも何種類かいてみんな似ています。

タイワンエンマコオロギ

体色は褐色から黄褐色をしていて、眉紋が太いのが特徴的です。見られるのは本州南部より南です。

エゾエンマコオロギ

黒褐色で眉紋は小さめです。本州の和歌山県より北に生息しています。

コオロギ科まとめ 蟋蟀図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー