13号「月刊ムシミル」昆虫クイズの解説

  • ブックマーク

昆虫をテーマにしたクイズ!

月刊ムシミルでは昆虫を題材にしたクイズ、「ムシミルクイズ」を毎月掲載しています。
第13号でも、色んな昆虫からクイズを出題しています!

こちらは、クイズの内容をもっと詳しく解説したページになります。

 

ワンコインからで、ムシミルのブックレットが毎月楽しめる!
申し込みができるCAMPFIREコミュニティはこちらから
昆虫知る見る「月刊ムシミル」

さぁ、全問正解できたかな?

Q1.どっちがシオカラトンボ?(オス♂)

ムシミルクイズ13号01画像

Q1.答え 「B

Bがシオカラトンボのオス♂の写真です!
白っぽい粉が出ている特徴は一緒ですが、よく見れば見分けるポイントがいくつかあります。

・複眼の色
・羽の付け根の模様

Aの写真は、複眼は黒くて、羽の付け根に黒い模様が入っているので「オオシオカラトンボ」です。
Bの写真は、複眼がグリーンがかって、羽の付け根まで透明なので「シオカラトンボ」です。

この違いを覚えておけば、野外見分ける参考になりますよ!

Q2.同じ種類?

ムシミルクイズ13号02画像

Q2. 答え「A

答えはAで、表紙のマメコガネは緑色でしたが、ここで参考に載せている赤色の個体もマメコガネです。

輝く体色ですが、個体によって変化のある昆虫は少なくありません。
マメコガネもそうで、キラキラした頭部と胸部が、緑色のものから赤色のものまで見つかります。

参考:赤色メスと緑色オスの交尾写真

マメコガネの写真
上のオスはよく見る緑色。下のメスは頭部と胸部が赤色をしています。
見つかる場所ではめちゃくちゃたくさんいるマメコガネですが、そんな中からも変化のある個体を見つけるのは発見があって面白いですね!

Q3.オオシオカラトンボとシオカラトンボのヤゴは見分けられる?

ムシミルクイズ13号03画像

Q3.答え 「A

答えはA!

ヤゴは慣れないと(慣れても)難しいものですが、オオシオカラトンボとシオカラトンボのヤゴは見分けることはできるでしょうか?

答えはAなので、この部分のトゲの有無を観察するとどちらのヤゴなのかを見分けることができます。
ただ、野外で見つけたヤゴは体に沈殿物などまとっていることが多いので、少しキレイにしてあげないとトゲの有無が観察しにくいので気をつけたいですね。

羽になる部分は、とくに成長過程で大きくなってくる事もあって、見分けるのは難しいです。

そもそも、ヤゴの中で他のヤゴたちとの違いがわからないと、シオカラトンボかオオシオカラトンボのどちらか!
ってとこまでわからないと思うので、この問題は難易度高めでしたね。

調べる時には、周りの環境で見られる成虫のトンボから当たりをつけていくと調べやすいと思うので参考にしてください。

さぁ、今回は何問正解できたかな??


今月のクイズはこれでおしまい!
ちょっとでも楽しみながら昆虫のことを知ってもらえると嬉しいですね。
また、外で見かけた時には色んな昆虫を観察してみてください!

 

ワンコインからで、ムシミルのブックレットが毎月楽しめる!
申し込みができるCAMPFIREコミュニティはこちらから
昆虫知る見る「月刊ムシミル」

LINEのアカウントに登録すると、月刊ムシミルのお試し「創刊0号と1号」が無料でダウンロードできます!
LINE登録はこちら

ムシミルのトップへ!

ムシミルではたくさんの昆虫の面白い!を届けていきます。
綺麗な写真をたくさん使って紹介していますので、他の昆虫も是非ご覧になってください。
これからもムシミルをよろしくお願いします!

サイトOGP2画像
ムシミルのトップへ
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)