毎月昆虫を楽しもう!ムシミル編集部がお届けする 昆虫知る見る「月刊ムシミル」はこちらから

15号「月刊ムシミル」昆虫クイズの解説

  • ブックマーク

昆虫をテーマにしたクイズ!

月刊ムシミルでは昆虫を題材にしたクイズ、「ムシミルクイズ」を毎月掲載しています。
第15号でも、色んな昆虫からクイズを出題しています!

こちらは、クイズの内容をもっと詳しく解説したページになります。

昆虫が毎月お家に届いたら面白い!?
ブックレットが毎月楽しめる「月刊ムシミル」はワンコイン~

申込:CAMPFIREコミュニティからプランを見る
昆虫知る見る「月刊ムシミル」

さぁ、全問正解できたかな?

Q1.どっちがスズムシのオスかな?

ムシミルクイズ15号01画像

Q1.答え 「B

スズムシやコオロギの仲間はオスとメスで羽の構造が違うものが多いです。
それは、オスは羽をこすり合わせて鳴くからですね。

羽をこすったときに、きれいな音が出るよう羽の形が複雑な凹凸を持ち、それが羽の模様になっているのです。

正解は、複雑な羽の模様を持った「B」がオスのスズムシです!

成虫になると、産卵管が長く発達するので、そこで見分けるのもいいですね。
少し隠してますがAの写真はメスで、お尻の先の真ん中から出ているのが産卵管です。

Q2.コカブトのオスかな?メスかな?

ムシミルクイズ15号02画像

Q2. 答え「B

コカブトのオスとメスを見分けるクイズです!
正解はBで、写真はメスです。

大きな違いは、オスはツノがあるけど、メスはツノというより突起に近い(でもツノっぽくも見えるよね?)

もう1つは胸部の凹みが大きいのがオスで、あまり凹まないのがメスです。(どのくらいだよ??)

コカブトの大小や、オスメスをある程度見たことがないと、なかなか雰囲気がつかみにくいかもしれません。
私も最初はちょっと悩む個体がいたものです。

見慣れてくると、ツノと胸部の雰囲気でオスメスの見分けはできてくると思います。

しかし、もう一箇所はっきりとオスとメスを区別できるポイントがあるんです。

それが前脚のツメの形です!

オス♂の前脚

コカブトの写真
オス♂のツメ

メス♀の前脚

コカブトの写真
メス♀のツメ

メスのツメは普通のツメですが、オスのツメは片方が幅広に発達しているんです。
このポイントを知っていたらコカブト上級者ですね!

Q3.表紙の昆虫にそっくり?

ムシミルクイズ15号03画像

Q3.答え 「B

答えはBで別の種類です!

ハムシの仲間には似たものも多いですが、写真の昆虫は「ウリハムシ」です。
表紙の昆虫は「クロウリハムシ」なので、形が似ているけど色彩が違う別の種類なんですね。

羽化したてかどうかと考える時にも、写真のウリハムシの腹部や脚がはっきりと黒くなっているので成熟してますね!

同じような場所で二種類とも見れることもありますので、また見つけたときには観察してみてくださいね。

さぁ、今回は何問正解できたかな??


今月のクイズはこれでおしまい!
ちょっとでも楽しみながら昆虫のことを知ってもらえると嬉しいですね。
また、外で見かけた時には色んな昆虫を観察してみてください!

昆虫が毎月お家に届いたら面白い!?
ブックレットが毎月楽しめる「月刊ムシミル」はワンコイン~

申込:CAMPFIREコミュニティからプランを見る
昆虫知る見る「月刊ムシミル」

LINEのアカウントに登録すると、月刊ムシミルのお試し「創刊0号と1号」が無料でダウンロードできます!
LINE登録はこちら

ムシミルのトップへ!

ムシミルではたくさんの昆虫の面白い!を届けていきます。
綺麗な写真をたくさん使って紹介していますので、他の昆虫も是非ご覧になってください。
これからもムシミルをよろしくお願いします!

サイトOGP2画像
ムシミルのトップへ
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)