オオニジュウヤホシテントウの飼育!小さなトゲトゲの幼虫は草食のテントウムシだった!

  • ブックマーク
オオニジュウヤホシテントウの飼育のバナーの画像

オオニジュウヤホシテントウを飼育して観察した記録を成長とともに更新しています!
生き物の飼育は自由研究などにも最適で、命の神秘を感じることができるのが素敵です。
長く被写体として昆虫の観察を続けていますが、それでも新しい発見が多くとても興味深いものです。

著者紹介

村松佳優の写真
村松の撮影風景

はじめまして。昆虫写真家の村松です。
ムシミルは昆虫の写真を通して自然に関心を持つ人がたくさん増えるようにと運営しています。写真を使って昆虫の紹介をしたり、昆虫の「面白い!」に関心を持つ人が増えてほしいと思っているので、飼育などの記事も書いています。

昆虫写真図鑑ムシミル

SNSでも昆虫の情報や写真を投稿中
Twitter @insect_design
Instagram @mushimiru
☆フォローや応援よろしくお願いします!

はじめに

テントウムシはアブラムシなどを食べてくれるので、益虫として知られているものがメジャーです。
しかし、実はナス科の植物を中心に食べることで生活しているテントウムシの仲間がいます。
マダラテントウと呼ばれる仲間がそれで、ニジュウヤホシテントウなどが畑のナスについていたります。

益虫かと思ったら、葉っぱを食害するということで「テントウムシダマシ」と呼ばれたりもするのですが、「テントウムシダマシ科」と呼ばれる分類もあるのでややこしいことこの上なしです(笑)

畑にいるイメージが強かったので公園で見つけるとは思っていなかったのですが、イヌホオズキの仲間と思われる植物が公園に生えていて、それが実はナス科の植物だったようです。
そこで、オオニジュウヤホシテントウを見つけました。
公園の雑草を食べる分には、害虫として嫌われることもないので殺されたりはしないのですが、こっちはこっちで草刈りがあるのが心配です。

最初にオオニジュウヤホシテントウを見つけてから、同じ場所に何度も通っていたら、そのうちに卵を見つけるようになったので飼育して観察してみたいと思ったのがきっかけです!

オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
イヌホオズキの仲間と思われるナス科の植物。
オオニジュウヤホシテントウを見つけた植物です。

オオニジュウヤホシテントウの一生

オオニジュウヤホシテントウの生態について簡単に紹介しておきます。
オオニジュウヤホシテントウはコウチュウ目(甲虫目)の「テントウムシ科」というグループの中の一種です。
草食で似ている種類もいくつかいるので「マダラテントウ」の仲間としても知られています。

完全変態

オオニジュウヤホシテントウを始め甲虫の仲間は「完全変態」と呼ばれる成長の仕方をします。
「卵」「幼虫」「蛹(サナギ)」「成虫」と成長していく変化のことです。
蛹の期間が入ることで、その姿は幼虫の状態から、硬い羽を持った成虫へと大きく姿を変えることが特徴的です。

参考:ナナホシテントウの成長

ナナホシテントウの卵の写真
ナナホシテントウの卵
ナナホシテントウの幼虫
ナナホシテントウの幼虫
ナナホシテントウのサナギ
ナナホシテントウの蛹(サナギ)
ナナホシテントウの写真
ナナホシテントウ

トゲトゲの幼虫

幼虫はトゲトゲの姿をしています。
知らないとテントウムシの幼虫とは気づかないと思います。
ナス科の植物について、その葉っぱを食べることで成長していきます。

成虫は害虫とも呼ばれる草食のテントウムシ

テントウムシの仲間の食性は種類によって様々です。
アブラムシなどを食べる肉食のテントウムシには「ナナホシテントウ」や「アカホシテントウ」などが知られています。
「キイロテントウ」などはうどんこ病菌を食べる菌食です。
そして、オオニジュウヤホシテントウを含むマダラテントウの仲間は草食性のテントウムシです。
ナス科やウリ科などの植物を食べ、人間とも食べるものがかぶってしまうので、そういったものは害虫として嫌われてしまうのです。

オオニジュウヤホシテントウの育て方

飼育ケース

少し大きめのプラケースに食草ごと卵を入れて管理しています。
成長してきて手狭になったら大きなケースも考えますが、このまま飼育できると思っています。

食べ物や餌(エサ)の探し方

見つけた場所で同じ植物を撮ってくるのが一番良いでしょう。
畑で見つけた場合で飼育したいのなら、人の畑から勝手に取るのはよくないので注意してください。
畑の持ち主にお願いしてみるのもよいでしょうし、園芸店などでナスやウリなどのの苗を何本か飼ってくるのも一つの手です。
苗を飼ってきた場合は、小さなプラケースには入らないので、苗の入る飼育ケースにまるごと入れて管理すると良いと思います。

ただ、飼育してわかったことがあります。
たくさん食べるので、小さな苗はすぐに食べ尽くされてしまうでしょう。
その場合は飼育する数を少なめにして飼ってみたほうが良いです。
ここでは、卵から育てたのでかなりの数の幼虫が孵って、葉っぱがみるみるうちに無くなっていきました。

飼育と観察記録

ではここから飼育と観察の記録です!

5/12 オオニジュウヤホシテントウと卵を発見!

見分け方

オオニジュウヤホシテントウを見つけましたが、実は似た種類が何種類かいるので確認が必要です。
オオニジュウヤホシテントウの特徴は、

  • 模様の並びを確認する
  • 小楯板は黒色かを確認する(小楯板は羽の付け根の三角の部分です。)
  • 後ろ脚に黒い紋が入っているかを確認する

模様は変異が多いようで、決め手にかけたので小楯板の色と後ろ脚の紋で確認しました。

オオニジュウヤホシテントウの写真
大きな紋や小楯板が黒っぽい。
オオニジュウヤホシテントウの写真
後ろ脚の太もも部分に黒いもんが入っています。
ニジュウヤホシテントウは黒い紋はなく、ヤマトアザミテントウは付け根まで黒くなっています。

卵を発見!よく見ると幼虫も

オオニジュウヤホシテントウの写真
5/12 卵の抜けた後を見つけました。
よく見てみると小さくてわかりにくかったですが、毛虫のような幼虫が一匹残っています。
近くを探したら他の卵も見つかるのではないかと探しました。
オオニジュウヤホシテントウの写真
5/12 卵をみつけたのでうちに持って帰って成長を見守ることにしました。

5/13 オオニジュウヤホシテントウの卵

オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/13 黄色く長細い卵です。

5/16 オオニジュウヤホシテントウの孵化(ふか)
一齢幼虫

オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/16 オオニジュウヤホシテントウの幼虫が生まれてきました!とても小さな幼虫で、生まれたては黄色いようです。
生まれたての幼虫を一齢幼虫と呼びます。
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/16 拡大して撮影してみると、トゲトゲの幼虫なのがわかります。パンクな幼虫ですね!一匹だけ先に生まれたのでしょうか?葉っぱを食べ始めて、透けた体から食べた葉っぱの緑色が見えています。
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/16 たくさん出てきています。
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/16 2時間ほど経ってから確認するとみんな餌(エサ)を食べ始めたようです。

5/17 オオニジュウヤホシテントウの食べ方(食べ痕・食痕)

オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/17 一日立ってから見てみると、幼虫はあちこちに散らばったようです。たくさんの食べ痕が残っているのですが、表面をかじるような食べ方をしていますね。
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/17 別の卵からも孵化していました。

5/20 葉っぱの裏が好きな幼虫
二齢幼虫

オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/20 たくさんいた幼虫が、ケースの中でどこに行ったかわからなくなりました。葉っぱを裏返してみるとたくさんついていたので、葉っぱの裏に潜むのが好きなようです。
よく見たら脱皮殻がついています!ちょっと大きくなっていますね!
一度脱皮した幼虫は二齢幼虫と呼ばれます。

5/21 オオニジュウヤホシテントウの脱皮殻

オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/21 向かい合った幼虫が可愛いです!
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/21 あちこちに脱皮殻がついていました。オオニジュウヤホシテントウの幼虫は脱いだ殻はそのままにするようです。
チョウやハバチの幼虫などは脱皮殻を食べてしまったりするのですが、甲虫の仲間はほったらかしにするものが多いようです。

5/22 脱皮して成長しました!
三齢幼虫

16日に孵化(ふか)が始まってから一週間も経たないうちに三齢幼虫に脱皮をしました。
二齢幼虫でもトゲがたくさんあると思っていましたが、三齢幼虫になるとかなりパンクな印象に変わりましたね。

オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/22 二齢幼虫はまだトゲが小さいです。
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/22 三齢幼虫になるとトゲが大きくなりましたね!
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/22 顔を見ると左右に3つずつの単眼があるのがわかります。
顔は前に伸ばすのではなく、下を向いている感じにみたいです。その方が葉っぱも食べやすいしトゲの下に隠れることもできますもんね。
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/22 脱皮の仕立ては黄色一色でしたが、時間が経つと模様がついてきます。

5/23 特徴的な食痕と体の模様
三齢幼虫

観察をしていると、特徴的な食べ後の上に乗っかっている幼虫は見つけにくいのではないかと感じるようになりました。
ほら、見てください。
食べ後の上に乗っかっていると、ちょっと馴染んでいるように見えませんか?

オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/23 特徴的な食べ痕の上に乗っていると見つかりにくい感じがあります。
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/23 食べ痕のたくさんある葉っぱの上にいる幼虫。
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/23 緑の葉っぱの上にいると、とても目立っています。
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/23 葉っぱも新しいものを入れてあげました。

5/24 イヌホオズキの花

オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/24 テントウムシとは関係ありませんが、取ってきたイヌホオズキに蕾がついていて、花をつけてくれたのでちょっとほっこりしました。
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/24 後から孵化してきた個体はまだ二齢幼虫ですが、なんだか脱皮しそうな雰囲気です。

5/25 トゲトゲがふにゃふにゃ
四齢幼虫

オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/25 次から次へとトゲトゲ幼虫が増えていきます。
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/25 脱皮している個体も発見です!脱皮したてのときはトゲトゲがふにゃふにゃですね!
ここからトゲトゲになっていきます。
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/25 成長に合わせて食べる量が増えてきている気がします。
オオニジュウヤホシテントウの飼育の写真
5/25 新しい葉っぱを入れてあげました。夜の12時位です。

5/26 オオニジュウヤホシテントウの食欲
四齢幼虫

オオニジュウヤホシテントウの写真
5/26 オオニジュウヤホシテントウの3齢幼虫。
脱皮したては黄色かったオオニジュウヤホシテントウの幼虫ですが、時間が経つと白黒のトゲトゲイモムシに変わりました。
オオニジュウヤホシテントウの写真
5/26 昨夜入れた葉っぱです。朝の9時位に見たらこんな感じになってほとんど食べるところがありません。
オオニジュウヤホシテントウの写真
5/26 昼の12時くらいに見たらすっかり食べられてしまっていました。
この勢いで葉っぱを食べられたら農家さんが怒るのも無理はありませんね・・・。

5/27 オオニジュウヤホシテントウの幼虫のお腹

上からばかり見ていたので、たまには下から見てみましょう!

オオニジュウヤホシテントウの写真
5/27 飼育しているとお腹を見ることもできて面白いですね!
脚は前の方にしかありません。蝶のイモムシとかだと腹脚(ふくきゃく)という器官がお尻の方にもあるので、前の方の脚とうまく組み合わせて歩いていいます。
テントウムシの幼虫は6本の脚だけで歩いているのがはっきりとわかります!

5/29 エサを食べなくなってきました

まだ食べるところがたくさんあるのに、葉っぱから離れている幼虫がたくさんいます。

オオニジュウヤホシテントウの写真
5/29 食べるところはたくさん残っています。しかし、葉っぱから離れてじっとしている幼虫がたくさんいます。
葉っぱの裏にもたくさんの幼虫がついています。

5/30 蛹化(ようか)が始まった!

いつ蛹になるのかと楽しみにしていましたが、割とすぐに始まりました!

トゲトゲの皮を脱ぎ捨てて、中からサナギが出てきます。
出てきたばかりのサナギは白いですが、時間とともに模様がはっきりと出てきます。

オオニジュウヤホシテントウの写真
5/30 ゆっくりと破っていくように皮を脱いでいきます。
オオニジュウヤホシテントウの写真
5/30 中から出てきたサナギは白い色をしています。
オオニジュウヤホシテントウの写真
5/30 葉っぱの端っこに器用についている幼虫を見つけました。
脚は完全に浮いていますが、おしりで葉っぱにくっついているので、こんなところでもじっとしていられるんですね!

サナギになりたてのときには白い色をしていましたが、時間とともに模様がはっきりと出てきて、その姿は他のてんとう虫とも似ています。
特徴的なのは、トゲトゲはなくなったけど全体に長めの毛が生えていること。
それと、脱いだトゲトゲのついた皮はそのままお尻にくっつけているみたいですね。

オオニジュウヤホシテントウの写真
5/30 横から見たサナギ。
オオニジュウヤホシテントウの写真
5/30 サナギと幼虫。模様が出てくるとちょっと似ている雰囲気です。
オオニジュウヤホシテントウの写真
5/30 ドクロのような模様が浮き出てきました。長めの毛も生えています。トゲトゲのついた皮は捨てずに残しているようです。

5/31 ほとんどサナギになりました!

オオニジュウヤホシテントウの写真
5/31 一日かけてほとんどの幼虫が蛹になりました。

※次回更新もお楽しみに

まとめと感想(飼育が終わったら追記します)

ムシミルでは、昆虫の「面白い」!を届けるために、昆虫のキレイな写真を豊富に使った図鑑ページや、昆虫に興味を持ってもらうきっかけになればと飼育の記事なども載せています。
これからもムシミルをよろしくお願いします!

昆虫の飼育まとめ!生き物と触れ合う楽しさ

他の昆虫の飼育に興味があればこちらから!

テントウムシの仲間特集!

テントウムシ科まとめ 天道虫図鑑

テントウムシ特集バナーの画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー