昆虫との出会いを求めて、はじめての台湾旅行(2日目)

昆虫との出会いを求めて、はじめての台湾旅行(2日目)タイトル画像

台湾旅行の予定!2日目のミッション!

  • 新天地を目指せ!(新幹線で高雄へ向かいます)
  • 拠点を確保せよ!(ホテルにチェックインします)
  • 秘密の谷へ迎え!(チョウチョを見に行きます)
  • 高雄のクエストに参加せよ!(高雄のランタンフェスティバルを見に行きます)

台湾初日と3日&4日目の話はこちら

初日(台湾についてから昆虫館へ行ってランタン上げを見た話)

3日&4日目(やっとこさ蝶の谷でたくさん昆虫に出会って、六合夜市を回って、世界でトップクラスに美しい駅を見て感動した話)

MISSION.01 新天地を目指せ!(新幹線で高雄へ向かいます)

初日はかなり疲れる日程でしたが、それでも早起きをして新幹線で高雄へ向かいます。
朝食付きだったのでちょっともったいなかったけど、ホテルのチェックアウトを早めに済まし、新幹線に乗るためのチケットを手に入れます。

台湾で新幹線の切符を手に入れる

事前に調べていたサービスで、片道だけど2枚買うと1枚タダになる新幹線のチケットです。

台湾の観光局によって行われているキャンペーンのようですね!2019年の3月時点でまだやってます。
ちなみにWi-Fiを借りる申込みをしたのと同じサイトです。

サイトに書いてあるとおりに、事前にプリントしておいたものやパスポートを準備しておいたら窓口で新幹線の切符を渡してもらえます。二人で行くと半額になるのでかなりお得でした!

新幹線のチケットの画像
新幹線のチケット。これで優雅に高雄までいけます!

高雄車站(高雄駅/Kaohsiung Station)到着!

新幹線から乗り換えて高雄の駅に到着!春節の祭りの雰囲気が素敵です。

高雄車站の雰囲気
駅がまたでかいですね。観光客がここで写真を撮ってました!雰囲気もめでたくて気分が上がります。

ミッション01クリア

新幹線に乗って高雄に着くことができたので「MISSION.01 新天地を目指せ!」は達成です!今日も朝は順調!

MISSION.02 拠点を確保せよ!(ホテルにチェックインします)

ホテルへ直行!

駅からはまっすぐ「Just Sleep Kaohsiung Station(ジャスト スリープ ガオション ステーション)」というホテルに向かいました。午前中についたのですが、チェックインできるのは12時からなので、手続きと大きな荷物だけ預けてタクシーを呼んでもらいました。

ここのスタッフには日本語ができる人も何名かいるようですし(最初は普通に日本人かと思う人もいた)安心感も強く、部屋もとても綺麗だったので満足度のかなり高いホテルでした。次に高雄に行くことになっても、このホテルにしようかなと思っています。

Just Sleep Kaohsiung Station(ジャスト スリープ ガオション ステーション)

このときはまだ部屋には行ってないのだけど、軽く紹介しておきます!

ホテルの部屋の雰囲気

ホテル(Just Sleep Kaohsiung Station)の部屋の雰囲気
Just Sleep Kaohsiung Stationの部屋はこんな雰囲気。とても綺麗。

お風呂の雰囲気

ホテル(Just Sleep Kaohsiung Station)のお風呂の雰囲気
お風呂もとても綺麗!部屋の方が窓になっているので開放感もある。カーテンを下ろすことももちろんできる。

トイレの雰囲気

ホテル(Just Sleep Kaohsiung Station)のトイレの雰囲気
トイレは紙は流さない(ゴミ箱に入れる)のだけど、ちゃんと水洗トイレ。

ミッション02クリア

ホテルに向かって何も迷うこともなかったので「MISSION.02 拠点を確保せよ!」は達成です!ホテルの入り口を見るだけでも綺麗なホテルだとわかる印象でした。

MISSION.03 秘密の谷へ迎え!(チョウチョを見に行きます)

最初に書いておくと、小さなミスの積み重ねで現地にたどり着けませんでした。

お弁当屋さんで、お昼を準備!

ホテルでタクシーを頼んだので、待ってる時間で近くの弁当屋さんに入りました。ショーケースの中にたくさんお総菜が入っているのですが、注文のシステムがわかりません。お店の人がメニュー表を出してきて、これが1番人気だとおすすめしてきたので、素直にそれを注文することにしました。次はショーケースのほうに連れていかれて「選べ選べ」とジェスチャーされます。追加で買わされるのかと思ったけど、そうではなかったんですね!メインを1品選んで、惣菜3種類をつけるまでがワンセットなのお弁当でした。弁当のケースもお総菜が3箇所入るようになっており、ご飯の上にメインを一品のせ、惣菜を3種類を入れてオリジナル弁当の完成です。お昼の弁当も買ったので準備万端ですね!

紫斑幽谷(紫蝶幽谷)へ向かうぞ!

目的地は茂林(マオリン)と呼ばれる地域の「茂林風景区」を進んだところにある「茂林賞蝶歩道」です。そこら辺が「紫斑幽谷(紫蝶幽谷)」と呼ばれる場所になります。その一帯には、毎年なん十万匹ものマダラチョウの仲間が越冬するためにやってくるのだという。そりゃ見たいよね。

バスで行く方法もあったのだが、距離もあるし時間もかかるのでタクシーが確実と思ったのだ。1時間半ほどかかったが蝶のモニュメントなどが見えてきて、大きな駐車場にやってきてくれてバスも止まっていたので、間違いなくここだと思い降ろしてもらった。
それが間違いだった。

茂林風景区の蝶のモニュメント
絶対ここで間違いないと思うよね!目的地はもうちょっと先だった。

蝶がたくさんいるところを目指していたのだが、タクシーでおろしてもらったところは少し手前だったみたいです。そうとは気づかず、景色が良いので買ってきたお弁当を食べてのんびり満喫。自然に囲まれていて、そこら辺にも蝶などが飛んでいたので少しだけ撮影をして楽しんでいました。さぁ、そろそろ進もうかと思った時にどうやって進んでよいかわからないことに気がついたんですね。自分たちの現在地もよく分からないのでどっちに進んでいいかもよくわかりません。バスの時刻表があったので、バスが通るのは間違いないのでしょうが、時刻表の見方もわからずてんやわんやしてました。そして、どうやらてんやわんやしているうちに乗らなければならないバスを見逃してたようですね。

難しい判断に迫られました。意地でも進むか、次の予定のためにここまで来たのに引き返すのか。

あっという間に数時間が過ぎ、戻らないと高雄のランタンフェスティバルまで見れなくなってしまう。結局、目的地を目の前にして帰ることにしました。だが、バスがよくわからない問題は解決していない。近くのお店に入って言葉が通じないなりに事情を話しタクシーをここに読んでほしいと言う話をしていたのだが、最終的にはその人のお兄ちゃんが車を出してくれることになった。金額の交渉し高雄の駅まで連れて行ってもらうことに。話していた内容よりも少しだけ色ををつけてお金を渡してなんとか戻ってきた。目的は果たせなかったのが残念だったが何とか祭りが見に行けそうだ。

引き返すことができたのは4日間の日程のうち3日目を予備日に設定していたからだ。明日は何が何でも谷まで行くぞ!と思って引き返しました。

目的地までは行ってないけど、撮影した台湾の昆虫達(一部紹介)

ヒメシルビアシジミ(茂林)

ヒメシルビアシジミ
ヒメシルビアシジミ。羽は地味だが小さくて可愛いチョウチョ。
折列藍灰蝶(ヒメシルビアシジミ)を紹介しているページはこちら

椿象(カメムシの仲間)

カメムシの仲間
カメムシの仲間。赤色と黒色の模様がかっこ良い。
このカメムシの他の写真はこちら

ハチの仲間

ハチの仲間
ハチの仲間。木をガジガジして削り取ってどこかに持っていった。
このハチの他の写真はこちら

台湾旅行で見つけたチョウや昆虫館で出会った生き物まとめ

他にも台湾でみられた昆虫をまとめているので良かったら見て欲しい。

ミッション03達成ならず

たどり着けなかったんでね・・・「MISSION.03 秘密の谷へ迎え!」はミッション失敗です。

MISSION.04 高雄のクエストに参加せよ!(高雄のランタンフェスティバルを見に行きます)

高雄のランタンフェスティバル

春節のこの時期は、台湾のあちこちでお祭りが開かれています。ここでは高雄で開催されていたランタンフェスティバルを見てきました。台北では見ることができなかったランタンフェスティバル。楽しみです。

このランタンフェスティバルは期間も10日ほどやっているらしく、私が行ったタイミングは終盤だったのですがすごい盛り上がりでした。祭りのために作ったと思われるもののクオリティはかなり高く、あちこちがライトアップされています。台湾の、祭りにかける本気度がすごいと思いました!いや、本当に。この10日間で1年分遊ぶつもりなのかってくらいの盛り上がりでしたよ!

写真で雰囲気を紹介していきます。

ハスの光るオブジェ

祭りの風景。ハスの光るオブジェ。
人間の何倍もの高さの蓮が光っています。この蓮の上の部分、全部回ってるんですよ!すごい!

何かわからない動物のオブジェ

祭りの風景。何かの動物のような光るオブジェ。
なんだこれは・・・。かわいい。

金運が上がりそうなブタさん

祭りの風景。めでたそうな豚のオブジェ。
金ピカに光るブタさんのオブジェ。紙か何かで作られているのだろうが、匠の技を感じます。お金なども一緒に飾られているので、金運の縁起物なんでしょうね!顔もとてもめでたそうだ。

ロウソクを使った光のオブジェ

祭りの風景。ロウソクを使った光のオブジェ。
あちこちにロウソクを使った展示がされていた。とても綺麗で一体何個のロウソクが使われるのか想像もつかないほどだ。

お坊さん。光っている。

祭りの風景。宗教かお寺のお坊さんの光るオブジェ。
急にお坊さんが出てきてびっくりした。

屋台に並んでいたナマズのような魚

祭りの風景。屋台に出ていた魚。ナマズ・・・のように見える。
なんの魚だろうか?屋台でどーんと置いてあった。食べなかったけど、皮の部分なんかは脂も乗っていて美味しそうだ。顔はナマズっぽいな。

布袋劇(ブーダイシ)の作品のキャラクターオブジェ

祭りの風景。テレビで放送されている人形劇のキャラクターモチーフ。
台湾の人形劇のオブジェだ。「布袋劇(ブーダイシ)」と呼ばれる人形劇だが、テレビや映画の放送は想像をかなり越えてくる。人気がでるのもよくわかる。

祭りの風景

祭りの風景。大きな川の両側がずっと祭りの会場になっています。
大きな川を挟んで両側が会場になっている。規模としてはかなり大きく、オブジェがたくさん並んでいるところや、屋台が中心のところ。舞台まで登場してかなり賑やかなお祭りだ。

学生などが祭りのために制作したと思われる作品群

祭りの風景。学生などが製作したオブジェがたくさん飾られています。
あちこちの学校などとも協力して、この祭りのためにいろんな準備をしているようだ。学校の名前のようなものをあちこちでみかけたので、そういうことだと思うのだが、このクオリティのものがすごい数並んでいるのだ。しかも動きます。圧巻ですよこれは!

屋台で見つけた「竜の髭(糸飴)」

祭りの風景。糸飴。龍のひげとも呼ばれる台湾のお菓子。
職人技で作られるお菓子。糸のように細く伸ばした糸飴だ。龍のひげなどとも呼ばれ、この細い飴に色んな味のパウダーを挟んだものが売られている。味はそんなにだった・・・。でも縁起物だと思うのでぜひ食べてみてほしい。

光るブタさん。

祭りの風景。豚の光るオブジェ。たくさんのブタさんが笑っていました。
すごい数の豚が光って笑っていた。妖精のようだと思うととてもかわいい。

光る迷路

祭りの風景。とても幻想的な光の迷路。
光の迷路だ。とても幻想的。素直に美しいと思うし、祭りの気分が盛り上がる。

ミッション04クリア

ここで紹介したのもほんの一部にはなりますが、楽しそうなのが伝わればと思います。私も楽しむことができたので「MISSION.04 高雄のクエストに参加せよ!」達成です!

特別MISSION ガイドさんを見つけよう!

2日目もちょっと失敗しながらもなんとか台湾を楽しむことができた。

しかし、目的の紫斑幽谷にたどり着けなかった。3日目を予備日にしていたので、明日はなんとしても、何がなんでも目的地にたどり着くぞ!ということで、めちゃくちゃ急だけどガイドが手配できないかという話になりました。

無茶ぶりですが、ホテルのスタッフの方に聞いてみました。「ガイドは探せないか?急だから最低条件は車を出してもらえれば良い」感覚的には専用タクシーみたいなものですね。
日本語のできるスタッフの方が、なんとかなんとかしようと人を探してくれました!相手の方も、夜中であるにも関わらず打ち合わせにホテルまで来てくれて次の日にどーするのかの話をしました。金額と見に行きたい場所のすり合わせをして明日の9時にホテルの前に集合で話がついたので、3日目の実質最終日はかなり自由がききそうです!

心配&残念なのが、茂林(マオリン)にチョウを見に行く話をすると、その場所を知ってる人からは「もうチョウはそんなにいないよ」って言われるんですね。
不安もありますが、どーなったところでなんかしらの虫には会えるだろうとということで2日目も終了です!

おまけ、祭りで見かけた軍人ロボット風パフォーマー

祭りで見かけた軍人ロボット風パフォーマー
祭りで見かけたパフォーマー。ロボットみたいな動きをします。子供が興味深そうに近づいていきました。お金を入れると手を振ってくれました!