アシナガキアリ

  • ブックマーク
アシナガキアリの写真

概要

アシナガキアリってどんな虫?

黄色くて長い体

色は黄褐色っぽく(オレンジっぽく見える)透けた印象で透明感のある体をしています。線も細い印象で、触角や脚がバランス的に長いのでアシナガとつけられていますね。

透き通った体の綺麗なアリさんです。

アリ科

昆虫の分類にハチ目があり、その中にアリ科が含まれています。アシナガキアリはその中の一種です。アリ科の仲間にはクロオオアリやクロナガアリなどがいます。ハチ目に含まれていることからもわかるように、アリはハチに近い仲間です。顔をアップで見てみるとハチとそっくりだったりします。

捕食の貪欲さが問題になることも

アリは社会性を持っていて集団で生活する物が多いですが、アシナガキアリも大きなコロニーを作るようです。そして、大きな獲物でも数の力で襲ってしまうことが知られています。時には鳥のヒナやカニまで襲って捕食してしまうそうで、その貪欲さがわかりますね。私が見つけたアシナガキアリは普通に活動していただけだったのですが、場所によると餌をかたっぱしから漁っているのかもしれません。

広い生息環境

街中、公園、牧場、海岸、林縁、樹上などどこでも見られ、巣は石下などの隙間を利用して作っているようです。九州への侵入報告もあるのですが、定着は現在のところ防げているようです。

間接的な農作物への影響

農作物に被害を与えるアブラムシやカイガラムシをアシナガキアリが保護することによって、二次的な被害を出しているという報告もあります。

他の昆虫はこちらから

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー