ヤエヤマエダナナフシ 

  • ブックマーク
ヤエヤマエダナナフシの写真

ヤエヤマエダナナフシってどんな虫?

ナナフシ科

昆虫の分類でナナフシ目ナナフシ科があります。ナナフシはまだ研究段階の内容も多く、分類が変わってくる可能性もあるのですが、このサイトでは日本のナナフシの仲間はみんな「ナナフシ科」としています。

エダナナフシの仲間

石垣島で撮影したナナフシですが、撮影していたときは少し距離が遠かったのでよく見えていませんでした。ちょっと色の変わったナナフシだなぁって印象です。

撮影した写真を後からパソコンで確認してみると、触角が長いのがわかりました。触角が長いのはエダナナフシの仲間の特徴です。石垣島でよく見られるナナフシにはアマミナナフシがいます。あちこち散策しているとよく見かけるナナフシです。アマミナナフシはサイズも日本最大級でとても大きく体も太い印象があります。

触角の長さの他にも、写真に撮ったナナフシはなんだかほっそりした感じで節が強く出ている雰囲気です。これらから、エダナナフシの仲間だろうと思いました。

しかし、図鑑などで確認するとエダナナフシは本州から九州までしか生息していません。南西諸島に生息するエダナナフシは別種になるようで、島によって何種類か確認されているようです。「日本産直翅類標準図鑑」で調べてみたところ、似ているナナフシはいろいろと載っているのですが、生息地に「石垣島」とはっきりと記載のあった「ヤエヤマエダナナフシ」としました。

成長すると色が変わっていくのでしょうが、赤っぽい体に黄色いまだら模様の色の脚をしている変わった印象のナナフシでした。とても派手です。

触角比較

エダナナフシの仲間は触覚が長いのが特徴です。ヤエヤマエダナナフシももちろんそうです。

それに比べて、ナナフシ(ナナフシモドキ)やアマミナナフシは触角の長さが短いです。触角の長さを見るだけでもこの二種類のどちらに近い仲間なのかを判断することができるので写真でも紹介しておきます。

「ヤエヤマエダナナフシ」と「アマミナナフシ」の触角比較

ヤエヤマエダナナフシの写真
少し見えにくいがヤエヤマエダナナフシの触角はとても長く、前に伸ばしている前脚よりも触角のほうが長いです。
アマミナナフシの写真
同じ地域でよく見られるアマミナナフシの触角はナナフシモドキと同じように短めの触角をしています。

ナナフシってどんな虫?

ナナフシ目(竹節虫目)まとめ ナナフシの図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー