マガリケムシヒキ

  • ブックマーク
マガリケムシヒキ

概要

マガリケムシヒキってどんな虫?

名前の由来

マガリケは「曲がった毛」のことです。一体どこの毛が曲がっているというのでしょう??その曲がった毛とは、なんと複眼の後ろ毛のことで、そこの毛がくるりと前に折れ曲がっているのが特徴なのです。前に毛が曲がっているとはなかなか特徴的ではありませんか!よく見ると面白いなのです。

マガリケムシヒキの名前の由来になった「毛」の説明画像

マガリケムシヒキの毛の説明写真
少しわかりにくいですが、拡大してみました。マガリケムシヒキの複眼の後ろにある毛が不自然に膳ぽいに曲がっているのがなんとなくわかるでしょうか?顔もヒゲモジャになっていますし、体にも全体的に長い毛が生えているのですが、ここの毛だけちょっと特徴的な流れをしています。

空中で捕まえる飛翔能力の高さ

ムシヒキアブの仲間は他の昆虫を捕食します。マガリケムシヒキも同様なのですが、飛んでいるハエさえも捕まえてしまう飛翔能力と敏捷性には驚かされます。
あの素早いハエを空中で捕まえるなんて、どんなスピードと動体視力なのでしょうね。

ちょっとスリムなムシヒキアブ

ムシヒキアブの仲間も色々います。「アオメアブ」や「シオヤアブ」などのムシヒキアブの仲間と比べると、ほっそりとした体型をしていてスリムな印象です。しかし、その捕食性能の高さは他のムシヒキアブにも引けを取りませんので立派なハンターです。

脚の真ん中が黄色い

脚は付け根の方は黒くなっていますが、全体的には黄みの強いオレンジ色をしています。脚先の方はまたちょっと黒くなってますね!

マガリケムシヒキの幼虫時代

幼虫は土中や朽木の中にいます。食べているのは、土中や朽木にいるコガネムシ類の幼虫、ミミズ、ダンゴムシ、ワラジムシなどを捕食しているようです。越冬は幼虫の状態でおこないます。

生息地と分布

北海道から九州まで広い範囲で見られ、平地から山の中でも見ることができます。都市部の公園などでも活発に活動しており、週瓶入他の昆虫を捕らえるところなどを観察できます。

マガリケムシヒキは割とあちこちで見かけることのできる普通種で、個体数も多いので見かける機会は多いと思います。

食べ物、餌(エサ)は?

他の昆虫など小型のものを中心に捕らえて食べます。鋭いというより太い口吻をしているので、刺されたらひとたまりもない気がします。まさに「森のギャング」です!

ハエやアブの仲間はこちらから

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー