キアシキンシギアブ

  • ブックマーク
キアシキンシギアブ

概要

写真ギャラリー

日陰に光が指して金色に輝いている(大坂)

葉っぱの上でじっとしている。近くにも何匹かじっとしていた(大坂)

オス♂は複眼がくっついている(大坂)

美しい体色と羽の翅脈(大坂)

メス♀は複眼が離れている(大坂)

神々しい(大坂)

キアシキンシギアブってどんな虫?

金色に輝く毛並みがとても美しく、とてもキレイな美麗種のシギアブです。光が当たるとより輝いて見えるので、眺めている時間は至福のひとときになります。

ハエやアブの仲間はちょっと敬遠されることも多いのですが、このようにとても美しい種類の昆虫がいたり、その生態も多様で面白い種類がたくさんいますので、少し興味を持ってもらえると新しい発見がたくさんあると思います。

キアシキンシギアブ
地色の黒色とのコントラストでより際立っています。この美しい毛並みが輝いているのを見るのはテンションが上りますね!どうしてこんな美しい毛並みを持つようになったのかが気になります。

名前の由来

脚(アシ)の色が黄色かったり、体の色がその毛並みで金色に輝いているのが特徴的なシギアブの仲間です。シギアブの仲間は長い脚がが特徴的です。鳥のシギも脚が長くスラッとしている動物なのですが、そこからシギアブと名付けられています。金色に輝く毛並みが特徴的ではありますが、シギに例えられるほどのスラッと長く伸びた細い脚も含めてゴージャスな昆虫なのですね。

キアシキンシギアブ
脚が細くスラっと伸びているところから鳥の「シギ」に例えられました。

オスとメスの違い

オスとメスでは複眼の幅が違うのが一番の区別点です。オスでは両方の複眼がくっついているのに対して、メスは複眼が離れているので、まるで全然違う種類を見ているようです。

生息地と分布

本州から九州まで見られますが、見つかる場所は局所的なようです。水場の近くの草の上などで見つかります。一匹見つけると近くにも何匹か見つけることが多いですね!池の周りなどでみかけることが多かったですが、少し離れた林の中の広場で見つけたこともあります。その時は、ぽつんと伸びた草木の上に何匹もまとめて見つけました。

人里の近くで見られることが多いそうなので、里山の自然を守る一つの指標にもなる昆虫だそうです。このような昆虫がたくさん見られるのは、手入れがされて生息環境が健全ということだと思いますので、そのような環境は大切にしていきたいですね。

見られる時期は短い

発生する時期は短いらしく、たくさん見かけたのに1~2週間経ってから同じ場所に行っても、すでに見られなくなっていたという話をよく聞きます。実際、私が見かけた公園でもある時ぱったりと姿を消してしまいます。

アブやハエの仲間はこちらから

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。