カマキリ(チョウセンカマキリ)

  • ブックマーク
チョウセンカマキリの写真

写真ギャラリー

花に紛れて獲物を狙っているのだろうか(滋賀)

ヒマワリからぶら下がるようにカマキリが顔を出していた

日が暮れた頃に草むらで見つけました(大阪)

チョウセンカマキリの威嚇

カマキリ目(蟷螂目)まとめ カマキリの図鑑へ

カマキリ(チョウセンカマキリ)ってどんな虫?

カマキリはいろんなポーズを取ります。その仕草がとてもユーモラスでカマキリ好きでなくても興味を持つ人は多いです。カマキリは普通にしているだけなのでしょうが、その姿からは力強さや色気まで感じることがあります。そしてカマキリの複眼の構造にも秘密があって、どこから見てもこっちを見ているような不思議な構造しているので、自分と意思疎通をしているようにも見えるのです。その目の構造を「偽瞳孔(ぎどうこう)」と呼びます。

カマキリ目のカマキリ科に含まれる昆虫で、そのままカマキリと呼ばれます。

チョウセンカマキリの写真
草むらで葉っぱの上にいたチョウセンカマキリ

カマキリの名前の由来

カマキリは漢字で「蟷螂」と書きます。こちらが一般的ですが、意味としては「鎌切」がもとになります。これはカマキリの前脚が鎌のようになっていることから「鎌で切る」の意味からつけられたという説や「鎌を持つキリギリスの仲間」という意味合いからつけられたとされています。(昔はカマキリはキリギリスに近い仲間とされていました。)

別名:拝み虫

カマキリは色んなポーズを取りますが、その中のポーズで手を合わせているようなポーズをとります。そのポーズが神様に祈りを捧げているように見えたりしたんですね。更にはカマを振り上げて威嚇している姿も、神様に祈りを届けようとしているようにも見えます。そんなところから「拝み虫」という別名を持っている。

他にも「斧虫」などの呼び名もあります。

チョウセンカマキリの特徴

カマキリの見分け方

色んなカマキリの種類の中でも「オオカマキリ」とはとても似ていて一回り大きさが違うくらいです。しかし、羽を広げてみるとオオカマキリの後ろ羽が濃い色をしているのに対してカマキリ(チョウセンカマキリ)の後ろ羽は薄い色をしています。羽を広げないとわからないですが、一番確実な見分け方です。

もしくは、カマの付け根の色を見る方法もあります。オオカマキリではくすんだ「薄黄色」をしていますが、カマキリ(チョウセンカマキリ)では「オレンジ色」をしています。

オオカマキリのページにて写真付きで詳しく解説しています

チョウセンカマキリの生態

チョウセンカマキリの威嚇

羽を広げて手を上げることで体を大きく見せ相手を威嚇します。

カマキリ(チョウセンカマキリ)の写真
カマキリ(チョウセンカマキリ)の威嚇のポーズ。

肉食の昆虫

カマキリは肉食の昆虫です。その能力はとても高く、鎌のような前脚で獲物を捕まえるとすぐにかぶりついて獲物を食べてしまいます。生まれたての小さなカマキリではアブラムシなどの小さな昆虫しか捕らえることはできませんが、成長してくると大きな昆虫や、時にはカエルなども捕まえます。

その狩りの様子は獲物を待ち伏せするスタイルです。花の近くなどに潜んで、やってきたチョウなどの昆虫を捕らえます。それは本当に一瞬の出来事です。

花に紛れるチョウセンカマキリ

チョウセンカマキリの写真
花や草の中に見を潜ませて獲物がやってくるのをじっと待っている。

共食い

カマキリの仲間は餌(エサ)が足りなくなると共食いもしてしまいます。飼育下では一匹ずつ飼わないといけません。それと、オスはメスに食べられてしまうという話もよく聞きます。実際にオスがメスに近づく時にはかなりの慎重さが求められます。動いているものを獲物と認識するので、そっと近づかないとメスに襲われてしまうのです。しかし、実際にメスに襲われてしまうものはほんの一部です。みんな食べられてしまうわけではないのです。

寄生虫

カマキリにつく有名な寄生虫でハリガネムシというのがいます。こいつはカマキリに取り付いて、時期が来たら水辺へ連れて行きます。そこでカマキリのお腹から出てきて水に入っていくのですが、カマキリを水辺に行くように操っていると考えられています。

卵鞘(らんしょう)

カマキリの卵は「卵鞘」と呼ばれるスポンジのようなものに包まれています。その中にたくさんの卵が入っています。スポンジ状の卵鞘は中の卵を守る役割があり、冬の寒さや雪にも耐えて暖かくなった時に孵化(ふか)します。

カマキリ(チョウセンカマキリ)の卵鞘は細長い枕型をしています。

カマキリの仲間をもっと見る

カマキリ目(蟷螂目)まとめ カマキリの図鑑へ

カマキリ特集のバナー
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー