ナシグンバイ

  • ブックマーク
ナシグンバイの写真

写真ギャラリー

羽にははっきりとした「X」状の模様

形は立体的でとてもおもしろい

ナシグンバイの顔

葉脈と比べると小ささがわかる

桜の葉についていたナシグンバイ

ナシグンバイ

グンバイムシ科まとめ 軍配虫図鑑

ナシグンバイってどんな虫?

グンバイムシ科の昆虫で、植物の葉っぱの裏なんかで見つかる小さな虫です。
小さいのでわかりにくいのですが、大きく拡大してみるととても面白い形をしています。
種類によってもその形は様々ですが、ナシグンバイも少し下から見たところなんかは、上から見た印象とかなり違うので驚くと思います。

葉っぱについている時の印象はこんな感じです

ナシグンバイの写真
桜の葉にちょこんとついています。

角度を下げてナシグンバイを見上げてみるとこんなに印象が変わります。

ナシグンバイの写真
ナシグンバイの顔。上から見た印象とかなり違います。
体の構造もかなり立体的なデザインをしています。

グンバイムシ科

カメムシ目の仲間で、日本では70種ほどが知られているグループです。
小さな昆虫ですが、羽などはレースのような細かく分かれた構造を持っていて特徴的です。
「グンバイ」とは、相撲の行事がもっている軍配のことで、その形が似ているところからきています。

ナシグンバイの特徴

ツツジグンバイとの違い

ツツジグンバイよりも全体的に幅が広いですし、とくに胸の部分に広がっているところはナシグンバイのほうがかなり広いので全体のバランスが全然違います。
ややこしいのは「X」に見える模様なのですが、それもナシグンバイのほうが模様が濃いことが多いです。

ナシグンバイの写真
ナシグンバイは模様も濃いですし、胸の部分はツツジグンバイよりも幅広になっています。

ナシグンバイの生態

春先から、サクラの葉っぱの裏などでよく見かけます。
9月ごろに落葉が始まると、成虫は越冬態勢に入るものが多いです。

ナシグンバイの分布や生息地

本州から九州まで見られる昆虫です。
サクラを始めとしたバラ科の植物でよく見られるので、葉っぱの裏などをよく観察していると見つかります。

ナシグンバイの仲間をもっと見る!

グンバイムシ科まとめ 軍配虫図鑑

グンバイムシ科のバナー
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)
- - - - - - - - - - -
【宣伝】
プロが使う技術を、オンラインでデザインや動画のスキルが学べる「フリカレ」を応援しています。
https://c-u.co.jp/school/
※デザインクエスト(デザインスクール)のカリキュラムの監修もしています。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー