ミナミアオカメムシ

  • ブックマーク
ミナミアオカメムシ幼虫の写真

概要

写真ギャラリー

成虫は緑一色の地味な印象

幼虫のときのほうが派手

赤、白、黒の模様が独特なデザイン

地味だと思っていた昆虫の思いがけない美しい一面を捉えることができた

ミナミアオカメムシってどんな虫?

よく見るカメムシ

あちこちで見かける緑色のカメムシです。アオクサカメムシと区別がつきにくいので、余計によく見ている印象があると思います。

カメムシ科

昆虫の分類にカメムシ目があります。その中に含まれる「カメムシ科」の昆虫のことでミナミアオカメムシはその一種になります。たくさんの種類がおり、アオクサカメムシやアカスジカメムシなどが知られています。

作物の害虫

あちこちで見られるカメムシというのは畑でも同様で、トマトやダイズなどの汁をすって農家さんを困らせたりもしています。イネ科の植物の汁なども吸い、実の部分を吸われたお米などは斑点米などになってしまい質が下がってしまいます。その原因になるとのことで嫌われています。過去の例では1950年頃に田んぼで大発生してかなりの問題になったようです。

幼虫がすごい模様

成虫は緑一色のイメージで、派手さは感じない地味なカメムシです。ジッ味なので他との区別もしにくいくらいです。しかし、幼虫はというと、緑色のベースに白、黒、赤の模様があってとても派手な模様をしています。アオクサカメムシなども同様なのですがギャップに驚きます。

幼虫の模様

ミナミアオカメムシの写真
成虫になると緑一色なのに、幼虫の時にはこんなに派手な模様をしています。

アオクサカメムシとの違い

アオクサカメムシは形態も生態もミナミアオカメムシと酷似しています。次のようないくつかの特徴を見て判断します。

アオクサカメムシは肩の出っ張りが強く、触角は黒色のまだら模様。
ミナミアオカメムシは肩の出っ張りが弱く、触角は茶色のまだら模様。

ミナミアオカメムシは頭と胸に黄色い帯の模様が入るものもいます。

ミナミアオカメムシの写真
成虫になると地味な印象で見分けるポイントがそんなに多くありません。ミナミアオカメムシは触角の部分が少し淡いですね。

カメムシは音でコミュニケーションをとっている?

カメムシは臭いの他に音を用いたコミュニケーションを使っていると言われています。ある研究では求愛などの交信には30~240Hzの植物体の振動を利用していることがわかったそうです。

カメムシなどの仲間はこちら

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー