タイコウチ

  • ブックマーク
タイコウチの写真

タイコウチ科まとめ 太鼓打図鑑

タイコウチってどんな虫?

タガメを小さくしたような姿ですが、タガメはコオイムシ科の昆虫でタイコウチはタイコウチ科の昆虫です。
見た目よりは似ていないようです。

タイコウチ科

昆虫の分類にカメムシ目があります。タイコウチはその中の「タイコウチ科」の一種です。ミズカマキリも同じタイコウチ科の昆虫です。
タガメやアメンボと同じ水性カメムシの仲間になります。

タイコウチの名前の由来

タイコウチは漢字で「太鼓打」と書きます。
これは、タイコウチが鎌の部分を広げたり曲げたりしている姿が太鼓を打っているように見えたことから名付けられました。

タイコウチを英語で「Water scorpion(ウォータースコーピオン)」

タイコウチは英語で「Water scorpion(ウォータースコーピオン)」と呼ばれます。
これは、特徴的な長い呼吸管がサソリの尻尾のように見えて名付けられました。

タイコウチの特徴

肉食性でカマ状に発達した前脚が特徴です。

長い呼吸管

呼吸管がとても長いのも特徴的で、タガメなどには見られない部分になります。
ミズカマキリにはとても長い呼吸管があるので、確かに同じタイコウチ科に分類されているのも分かる気がします。

タイコウチの生態

肉食の昆虫

呼吸感を水面に出して水中で獲物を待ち構えます。
近くを通りかかった小魚やオタマジャクシなどを、カマ状の前脚で捕らえて食べます。
口を差し込んで消化液を注入し、溶けた部分を食べる体外消化をします。

水中で獲物を捕えるだけではなく、水面に落ちた昆虫なども捕食します。

しんだふり

手で掴むと脚を縮めて死んだふりをします。

タイコウチの成長

メスは湿った土や苔の中に産卵します。
約2週間ほどで孵化(ふか)します。

幼虫

不完全変態で蛹(サナギ)などの期間がないので、幼虫のときから成虫と同じような姿をしています。
2ヶ月程度の間に5回ほどの脱皮を繰り返して成虫になります。

越冬

タイコウチは成虫で越冬します。

タイコウチの寿命

寿命は大体2~3年ほどと言われています。

タイコウチの分布や生息地

タイコウチは北海道をのぞいて本州から南西諸島まで見られますが、沖縄では絶滅危惧種に指定されているので見られなくなるかもしれません。
水田や流れの緩やかな河川に生息していて、タガメなどと比べると水質の悪化にも強いので見られる場所も多いです。
水面に落ちた昆虫なども食べるので、魚等が居なさそうな水たまりなどでも見かけることがあります。

タイコウチの仲間をもっと見る!

タイコウチ科まとめ 太鼓打図鑑

タイコウチ科バナー画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー