タテスジヒメジンガサハムシ(タテスジカメノコハムシ)

  • ブックマーク
タテスジヒメジンガサハムシの写真

概要

写真ギャラリー

カメノコっぽい甲羅があるが透明なので透けている

葉っぱの裏だとなかなか気づきにくい。透過光にうまく馴染んでいる

金色から緑に輝く美しいハムシだ

タテスジヒメジンガサハムシってどんな虫?

金緑色

小さくもキラキラと輝いていてとても美しいカメノコハムシです。見る場所によって金色に輝いていたり、緑に輝いていたりするのですが、それは周りの景色に溶け込むためだと思われます。写真ではグリーンの輝きで葉っぱの裏によく馴染んでいます。少なくともシルエットがにじんでしまっているので、天敵から見ても昆虫の形には見えにくくなって簡単には見つからないでしょう。

葉っぱの裏にいるタテスジヒメジンガサハムシ

タテスジヒメジンガサハムシの写真
葉っぱの裏にタテスジヒメジンガサハムシがじっとしています。透けた部分と、輝いている部分がまわりに馴染んでいるのがわかります。黒い模様も葉っぱが食べられたあとのようにも見えるので、じっとしていれば簡単には天敵に見つかることはないでしょう。

ハムシ科

昆虫の分類で甲虫(コウチュウ)目があります。ハムシ科はそのなかに含まれる甲虫の一群でタテスジヒメジンガサハムシはその一種になります。ハムシの中でもカメノコハムシの仲間は特徴的で、まるで亀の甲羅を背負ったような姿をしています。ハムシ科には他にアカガネサルハムシやクロウリハムシなどもいます。主に葉っぱについているのが見つかる昆虫なので「葉虫」と呼ばれてきました。同じ呼び方をしても「羽虫」とはちょっと違います。

生きているときだけの輝き

この輝きは生きているときだけのものです。死んでしまうと、輝き無くなり色彩は失われてしまいます。なぜなら、この輝きを出すための構造には水分が必要になっているからなのだそうです。ですから、死んでしまうと乾燥して水分が失われるので、この輝きも消えてしまいます。色彩の出し方ひとつとっても昆虫には色々あるようでおもしろいですね!

タテスジヒメジンガサハムシの写真
光が当たるとその煌めきがよくわかります。

成虫で越冬

成虫で越冬するようです。

幼虫はお尻になんかつけてる

幼虫は脱皮した殻をお尻につけて身を守って(?)います。脱いだらお尻につけて、脱いだらお尻につけて、で増やしていくので成長するごとにお尻につけてる飾りはどんどん大きくなっていきます。

ゴミを体にまとって身を隠す昆虫は他にもいますが、タテスジヒメジンガサハムシは脱皮した殻を大事に使っているのですね。

ハムシの仲間はこちらから

甲虫(コウチュウ)の仲間はこちらから

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー