アオバハゴロモ

  • ブックマーク
アオバハゴロモの写真

写真ギャラリー

アオバハゴロモの成虫

葉っぱの影に入っていると見つけにくいです

アオバハゴロモの幼虫。ロウ状の物質に覆われています。

白いモケモケですがよく見ると顔があります。

二匹並んで可愛いです

手乗りハゴロモ!

ミントグリーンの体にピンクのラインが美しいです。

向かい合って可愛いハゴロモ

アオバハゴロモってどんな虫?

ピンクの縁取り

体の全体は淡い緑色をしているのだが、よく見ると羽の縁(ふち)はピンク色になっています。植物の茎に止まっていることが多いですが、植物のトゲや新芽の雰囲気を出そうとしているのだと思います。

アオバハゴロモの写真
緑とピンクのラインが美しい昆虫です。

アオバハゴロモ科

昆虫の分類にカメムシ目があり、アオバハゴロモはその中のアオバハゴロモ科の一種になります。

身近にいる

街中や庭先の植物でも見られる昆虫です。アオバハゴロモの存在を知らないと気づかないかもしれないですが、一度見つけると良く見かける昆虫に変わってきますよ。

アオバハゴロモの写真
植物の茎などについてその汁を吸っています。

芸者

ラテン語の学名は「Geisha distinctissim」となっています。なんと学名の中に「Geisha(芸者)」と入っているんですね。この学名をつけた方は淡いグリーンを縁取るピンクの色彩から芸者をイメージされたのでしょうね。

しらこばば

幼虫は白いロウ物質をまとった姿で、一見成虫とは似ても似つかない雰囲気を持っています。分泌したロウ物質は、お尻につけたり全身にまとったりするが、植物の茎にも付着し部分的に白っぽくなっているのを見つけます。そのため「しらこばば」との呼び名もあります。

アオバハゴロモの幼虫の写真
「しらこばば」とも呼ばれるアオバハゴロモの幼虫はロウ状の物質を体全体にまとっています。見つかりにくくしているようなのですが、白いモケモケを見つけたらそこにハゴロモの幼虫がいることが多いですね

植物の害虫

植物の汁を吸うので、時には害虫として嫌われています。しかし、少し吸われたくらいで大きな被害が出ることはありません。大発生しないようにだけ気をつけておきたいですね。

地域での呼び名

正式名称は「アオバハゴロモ」だが、地域によって「ゲイシャ」「ハトボッボ」「ハトムシ」「ポッポ」などの呼び名があります。

ハゴロモの仲間まとめ 羽衣図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー