ゴマダラカミキリ

  • ブックマーク
ゴマダラカミキリの写真

概要

写真ギャラリー

ゴマダラカミキリを正面から見た時の様子。こっちを意識して見つめているようだ(大阪)

まるでどこかをみつめているようだ(大阪)

黒い体に白い斑点が全体的に入っているのがわかる(大阪)

ゴマダラカミキリってどんな虫?

胡麻斑(ごまだら)模様のカミキリムシ

胡麻斑(ごまだら)と名付けられたそのモダンな白黒模様がとても素敵で子供にも人気の昆虫です。黒い艶(つや)のある体に白い模様がコントラストも高くてとってもオシャレなカミキリムシです。

カミキリムシらしい長い触角(しょっかく)

長い触角も白黒模様のデザインになっていて、そのグラデーションがとても美しい昆虫です。モノトーンの色彩に体のツヤ感が素敵なカミキリムシです。

身近なカミキリムシ

ゴマダラカミキリは食べ物である食樹の幅がとても広い昆虫です。街路樹や公園の植樹なんかもかじってしまうので、都市部でも見ることのできる昆虫です。割と身近に見られながら全国的に分布し、大型で模様も派手でカッコいいので子供からの人気も高いですね。
私も大好きな昆虫で、飛んでいるところを見つけては走って追いかけるのですが、なかなか追いつけるものではないですね。

ゴマダラカミキリを飼育して観察してみよう!

ゴマダラカミキリを捕まえて観察するときには、新しい新鮮な枝を取ってきて切り口に湿らせたティッシュなどをつけた状態でかごに入れておくと良いですね!今は100円ショップなどで小さな一輪挿しなんかも売っっていますので、そういうものに挿しておくとちょっとオシャレで見た目にも良いです。葉っぱの部分よりも茎(くき)の部分をかじってしまうので、枝や葉が完全にしおれる前には取り替えてあげてください。

害虫として農家さんには嫌われている!?

昆虫好きには人気なのですが、幼虫から成虫まで木を食害してしまうので、果樹農家さんなどからは嫌われていたりします。枯れ木などにつく程度には問題ないのですが、生木にも産卵して幼虫が中を食べてしまいます。そのせいで木が倒れやすくなったり枯れてしまったりするんですね。だから、農家さんなどからすると割と質の悪い害虫になってしまいます。

しかし、カミキリムシの食性は生木を食べて消化できるというのはとてもすごいことです。枯れて分解されたり、腐葉土となったものを食べるものよりも食べれるものの幅が広いということなので、生存競争で有利なんですね。ですからカミキリムシの食性は進化した部類に入ってすごのです。

甲虫(こうちゅう)の仲間はこちら

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。

昆虫グッズ販売

昆虫オリジナルグッズ

オリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫写真記-はじめての台湾

2019年2月に台湾に昆虫写真を取りに行きました。その時の旅行や昆虫レポートをまとめました。

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー
ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー