ガムシ

  • ブックマーク
ガムシの写真

写真ギャラリー

水槽の中を泳ぐガムシ

水草の間もなんのその

おっとりした顔つき

普段は触角は隠しています

触角をあげると印象が変わりますね

後ろから

上から

胸部から伸びた突起(牙)

棍棒状の突起は空気を取り込むのに重要な役割を持っています

ヒジで歩いているみたい

ガムシ

ガムシ科まとめ 牙虫図鑑

ガムシってどんな虫?

ガムシの仲間の仲間で一番有名な「ガムシ」です!

水生昆虫の仲間で、腹面に牙のような突起を持っているのが名前の由来になっています。
水生植物が豊富な池や沼、水田などの止水域に生息している身近な昆虫でした。
今では、全国的に減少傾向で少しずつ見られなくなってきています。

ガムシ科

コウチュウ目の仲間の中で「ガムシ科」に含まれる昆虫で、日本では70種類以上(亜種含)が確認されています。この仲間は水中で生活する「水生コウチュウ」の仲間になります。
この仲間には「コガムシ」や「ヒメガムシ」、「ゴマフガムシ」などが知られています。

ガムシの特徴

水生昆虫の仲間ではゲンゴロウなどが有名で、よく混同されています。
しかし、ガムシはエンマムシなどに近い仲間で泳ぎ方や形態的な特徴にも違いが見られます。

ガムシの写真
おっとりした印象の顔つきです。
ガムシの写真
触角は下に隠していることが多く、ヒゲが長いです。
ガムシの写真
触角が出てくると印象が変わりますね!
ガムシの写真
後ろから
ガムシの写真
上から

名前の由来にもなった「牙」

ガムシの名前の由来にもなった「牙」とはどの部分を指しているのでしょう?

牙は、腹部向かって胸部から伸びている突起を指しています。
どんな突起がついているのかと思って初めてみたときには、思った以上にしっかりしたトゲでびっくりしたものです。

このトゲの機能は、まだはっきりとわかっていないようです。
左右の脚をばたつかせて泳ぐので、水中で体のブレを少なくする働きがあるのではないか?とか。
腹部にも空気をためるのですが、その時になんらかの役に立っているのではないか?とか。

不思議な突起ですね!

ガムシの写真
ガムシの胸部から腹部に向けて伸びた突起。

触角と空気の取り込み

ガムシは水中でも活動できるように、空気を羽と腹部の隙間や、腹面にためて潜っています。
酸素が少なくなってくると、水面に上がって触角を空気中に突き出します。
その時に、腹部をポンプのように動かして空気を入れ替えるという、とても器用なことをやっています。

ちなみに、ゲンゴロウの仲間はお尻を水上に突き出して空気を取り込みます。

ガムシの写真
特徴的な形をした棍棒状の触角。
この触角と腹部の動きによって、水上から空気を取り込みます。

「ガムシ」「コガムシ」「ヒメガムシ」の大きさ比較

ガムシの仲間にも色々いますが、似ているものも多いです。
大きさの違う「ガムシ」「コガムシ」「ヒメガムシ」が揃ったことがあるので、比較してみました!

ガムシ コガムシ ヒメガムシの写真
大きいものから「ガムシ」「コガムシ」「ヒメガムシ」

ガムシの生態や成長

ガムシは5~6月頃に、糸状の突起が突き出した直径3cmほどの水に浮く卵嚢(らんのう)を産みます。
その中には30~40個ほどの卵が入っており、2週間程度で幼虫が出てきます。
巻き貝などを捕食しながら、2回の脱皮を経て3齢の終齢幼虫になり、充分に成長すると陸に上がって土中で蛹(サナギ)になります。
夏季に羽化すると成虫の姿で冬を越します。

泳ぎ方

ガムシの泳ぎは特徴的で、しばしば泳ぎはうまくないと言われます。

ゲンゴロウなどの仲間は、後ろ脚が泳ぐために発達しており、左右同時に動かします。
推進力も高く、まっすぐ泳げることが特徴的です。

ガムシは後ろ脚だけでなく、中脚(ナカアシ)なども使って、左右交互に動かしながら水中を進みます。
イメージとしては水中を歩いている感じです。
素早くはないですが、観察していると水草の隙間なども器用にくぐり抜けていきます。

ガムシの写真
水草の間なども潜り込んで抜けていきます。

歩き方

水生コウチュウですが、ずっと水に潜っているわけではありません。
水草の上や陸に上がって休んだりもします。
陸をどんな風に歩くのかと思ったら、脚の先を使うのではなく、脚の途中のトゲをうまく使って歩くようです。
人で言うなら肘(ヒジ)で歩いているようなイメージですね。匍匐(ほふく)前進みたいです。

ガムシの写真
前脚のヒジ部分のトゲを使って、地面をつかんで歩きます。

食べ物や餌(エサ)

幼虫の時はモノアラガイなどの巻き貝を捕食して成長する肉食です。
左右非対称の大アゴを使って、缶切りの要領で巻き貝の殻を切り開いてしまいます。

成虫は植食性と言われていますが、動物性のタンパク質で金魚のエサなども食べるために雑食ではないかと思います。
藻類や水草などもかじります。

ガムシの寿命

野外での寿命は1年ほどと考えられています。

ガムシの分布や生息環境

日本では、本州から南西諸島まで見ることのできる昆虫です。
国外では、朝鮮半島、中国、台湾、ロシア極東部、東南アジアなど広い範囲で見ることができます。

全国的に減少傾向で、特に南西諸島では絶滅寸前まできているようです。

コガネムシの仲間をもっと見る!

ムシミルではたくさんの昆虫の面白い!を届けていきます。
綺麗な写真をたくさん使って紹介していますので、他の昆虫も是非ご覧になってください。
これからもムシミルをよろしくお願いします!

ガムシ科まとめ 牙虫図鑑

ガムシ特集バナー画像
関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

昆虫写真家/講師/カメラマン/ムシミルの運営。

昆虫の面白い!魅力たっぷり!
たくさんの人にそれを知ってもらうことで、人も昆虫もよりよい未来を築いていけたらと思ってこのサイト「ムシミル」を運営しています。

カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動もし、次代の育成にも力を入れて活動しています!
詳細なプロフィールはこちらのページで御覧ください。
TwitterInstagramもやっているのでフォローや応援してもらえたら嬉しいです(^^)
- - - - - - - - - - -
【宣伝】
プロが使う技術を、オンラインでデザインや動画のスキルが学べる「フリカレ」を応援しています。
https://c-u.co.jp/school/
※デザインクエスト(デザインスクール)のカリキュラムの監修もしています。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー