エダナナフシ

  • ブックマーク
エダナナフシの写真

写真ギャラリー

エダナナフシの幼虫(1令)

エダナナフシの幼虫

エダナナフシの幼虫(1令)

エダナナフシの幼虫(1令)

フタの部分の突起が目立つ卵

他のナナフシと比べ、ツルンとしている印象

エダナナフシがもう一匹によっていってる。オスがメスを見つけてやってきました。

緑の植物によく馴染んで見つけにくい

顔を上から見たアップ

頭を下から見たところ。ピンと体を伸ばして棒のようになるために前脚(ぜんきゃく)の付け根部分は頭の形に湾曲(わんきょく)している

葉っぱや枝に逆さまに止まっていることが多い

グリーンの体に赤いラインが入っている

触角は前脚(ぜんきゃく)よりも長い

エダナナフシってどんな虫?

ナナフシ科

昆虫の分類でナナフシ目ナナフシ科があります。エダナナフシはナナフシ科の一種で他にもトビナナフシやトゲナナフシなどが含まれています。

ナナフシ(ナナフシモドキ)との違いは触角の長さ

私達の身近に見られるナナフシは「ナナフシ(ナナフシモドキ)」か「エダナナフシ」のどちらかが多いです。
ナナフシモドキとは見た目も似ているのですが見分けるポイントはあります。一番わかりやすい違いは触角の長さで、エダナナフシの触角は前脚(まえあし)と同じくらいの長さがあるのですごく長いのですが、ナナフシモドキの触角はそれと比べるとかなり短いです。

触角の長さを見てみよう

エダナナフシ
エダナナフシは触角がとても長い
ナナフシ(ナナフシモドキ)
ナナフシ(ナナフシモドキ)は触角が短い

参考:ナナフシモドキ


体色は色々

緑のものや茶色のものなど、個体によって変化があります。単色のイメージの個体もいれば、ものによっては模様が混じったようになって、赤いラインが入ったタイプも見られてスタイリッシュでかっこよいです。

模様の入ったエダナナフシ

エダナナフシの頭
緑の体に赤色のラインが入ったエダナナフシ

通常は有性生殖の増え方

基本はオスとメスが出会って卵を生みます。(ナナフシモドキはメスだけで卵を産んで増えます。そのことを単為生殖といいます。)しかし、北日本ではオスが見つかるのは珍しく、そういった地域では「単為生殖」でメスだけで増えていると考えられています。

※単為生殖とはメスだけで産んだ卵から増えることです。

エダナナフシの卵

エダナナフシの卵は他のナナフシと比べ「ツルン」とした印象です。少し楕円になった形の卵にはフタがついていて、そのフタはちょっと出っ張って鍋のフタのようで特徴があります。

エダナナフシ卵
ツルツルしたエダナナフシの卵

エダナナフシの幼虫

エダナナフシは幼虫のときから触角が長いです。生まれたてのときは体もほんのり透けていてかわいらしいですね。

エダナナフシ幼虫(1令)
エダナナフシ幼虫(1令)

山の方に多い印象

山と言ってしまうと極端なのですが、ナナフシモドキが平地から低山にかけて生息しているのに対して、エダナナフシは丘陵から山の広葉樹林に生息しています。ちょっと山っぽいところに行ったほうがエダナナフシに会える可能性が高いように思います。

ナナフシってどんな虫?

ナナフシ目(竹節虫目)まとめ ナナフシの図鑑

関連記事(一部広告含む)
  • ブックマーク

この記事を書いた人

村松佳優

村松佳優

宝石のように輝く小さな命を写し止める昆虫写真家。
昆虫の魅力を伝えることで、その未来を輝かせることをテーマにしている。
カメラマンやイベント運営などに携わりながら、大学の講師やクリエイターの支援活動をしながら次代の育成にも力を入れている。
詳細なプロフィールはこちらのページで。

スマホケースのバナー

昆虫オリジナルグッズ

クオリティ・デザイン性の高いオリジナルの昆虫グッズを制作販売しています。
minneやCreemaで販売中です!

昆虫を種類から探す

チョウ類バナー
トンボの仲間バナー
カメムシの仲間バナー
ハエ・アブの仲間バナー
クモの仲間バナー
ガ類バナー
コウチュウの仲間バナー
ナナフシの仲間バナー
アミメカゲロウ目バナー

ハチの仲間バナー
バッタの仲間バナー
カマキリの仲間バナー
ザトウムシの仲間バナー

記事・ブログ

昆虫全般のバナー
昆虫の飼育バナー
本や書籍のバナー
レンズ・カメラ機材バナー
写真・撮り方のバナー
イベントや旅行レポートのバナー